世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

40代は攻め時と言うけれど、一体どう攻めるとよいのだろう。

f:id:kowalski22:20180610181015j:plain

 

勇気をくれた経沢香保子さんのつぶやき

先日、ベビーシッターサービスキッズラインを展開している経沢香保子さんのTwitterをみていると、とても勇気の出る呟きがありました。

その笑顔の素晴らしさはすすきのトップホステスと経沢香保子さんという記事に書きましたが、いろいろと勇気をくれる女性です。

ツイッターの内容は40代はこそ攻めたほうが良いというような内容だったと思います。

 

確かに、定年が60歳だと考えたとしても、40歳なんてまだ仕事人生の折り返し地点だし、これから定年何ていう概念がなくなって、80歳まで働くなんていう話になったのであれば、まだ仕事人生ははじまったばかり。

そのへんの話は80歳まで働くために考えるべきことという記事にも書きました。

 

80歳定年を意識すると40代はまだ序盤

ゴールした気分で、無難に40代を切り抜けようとしていると、80歳まで働く蓄積を作ること無く、60歳になる頃には今までの蓄積を食い尽くしてしまうのでしょう。

40代はまだまだ働きながらも、少しでも多くのものを蓄えていく段階なのかもしれない。

すごく納得しました。

 

でもどうやって攻める?

 

 

副業でやりたいことを見つけましょう

これが難しい。どうやって攻めて、どうやってチャレンジをすれば良いのでしょうか。

転職もリスクがあるし、起業はリスクどころの騒ぎではありません。

もちろん、一般のサラリーマンにとってはという話しだけれど、世の中の多くは一般のサラリーマンです。

40代でリスクを負ってチャレンジできる精神を持った人はそう多くはいないのではないでしょうか。

 

そう考えると、やはり副業で将来の可能性を模索するのが良いと思うのは必然の流れ。

攻めてはいないけれど、チャレンジは多少なりともすることになるし、新しい技能も覚えることになるかもしれません。

副業じゃなくても、ボランティアでみたいのでも良いかもしれません。

時間を切り売りするだけじゃない、何か新しい事を学ぶことができたり、一生の仕事となり得るような物を見つけたり、見つけたりするチャレンジをしてみたり。

 

黙って、楽をして40代を過ごすことは確かにできそうです。

周りにもそんな気分な人(知らず知らずにそんな雰囲気を出してしまっている人を含め)は沢山います。

リスクを負ってチャレンジをする必要はないかもしれないけれど、向上心はやはり持った方が良いのでしょう。

まだまだ先は長いのだから、40代なんて楽しみながらインプットする時期でも良いのかもしれませんね。

 

チャレンジしているから経沢香保子さんはあんな弾ける笑顔なのかもしれません。

 

kowalski22.hatenablog.com