世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

禁酒5日の感想。二重まぶたが復活するかも。

f:id:kowalski22:20180703063713j:plain

断続的に続く禁酒

断続的な禁酒を継続中です。

先週末はついにお酒を飲むことが、ありませんでした。

快挙です。

 

完全に禁酒をしているわけでもないせいか、体重が減ったですとか、お金が貯まったとか、わかりやすいメリットが産まれてはいないのが、正直なところです。

 

ただ1つ、思いもしなかった、恐らく良いであろうメリットが発生しました。

 

 

禁酒の思わぬ効果

まぶたが二重になっているのです。

元はくっきり二重だったのですか、いつしか奥二重、さらにいつしか一重になっていた目が二重に戻っていたのです。

恐らく、今までは毎日の飲酒で顔がむくんでいたよでしょう。

 

休肝日もなしで毎日飲んでいたから、顔のむくみが取れる暇もないという。

仕事が忙しくて、寝る暇がない時期でも、頬はげっそりしているのに目は一重のままでおかしいなと思っていました。

 

酒のせいだったかと。

酒によるむくみが二重瞼を封印していたのかと。

 

高校生以来の二重に感激しているのが正直なところです。

 

今日で禁酒は5日目です。

5日だけでも禁酒のメリットはあるのですね。

今の所禁酒によって訪れた変化は、以下の3点。

 

生きてるのが楽しい。

綺麗な便が手にはいる。

そして二重になる。

 

三つしかないかもしれませんが、まだ禁酒をはじめて5日です。

5日で成果が出ることなんて、そうそうありません。

しかも、5日間、何か新しいことをしたわけではありません。

お酒をやめただけなのです。

 

続けてきたことをやめる。

それだけで、日常や身体に変化を与えるというのは、自分にとってはちょっとした新鮮な体験です。

 

 

禁酒を続けた未来が楽しみで仕方がない

まだ体重も落ちてないし、お金も溜まってないのですから、それがこの後訪れると思うと、末恐ろしいですね。

 

たった5日の我慢で身体的にはっきりとしたメリットが現れるのです。

40歳を過ぎてサラリーマンなんかをやっていると、日々の生活になかなか変化が訪れないのが正直なところです。

 

ただ、禁酒はたった5日で二重瞼の復活という変化を見せてくれました。

さらには生きているのが楽しいという実感まで手に入れることができるのです。

なかなかないですね。こんな刺激のあることは。

 

とにかく禁酒は素晴らしい。

ある種革命ですね。

禁酒は。

 

お酒を飲んできて、いろんな失敗をしてきました。

 

kowalski22.hatenablog.com

 

お酒はデメリットがありまくりだなと思います。

ただ、今回5日の禁酒でお酒のメリットがわかりました。

禁酒の素晴らしさを実感できたことです。

 

お酒を飲んでいなければ、禁酒を体験することができませんでした。

何かを我慢する、やめる、それだけで人生が瑞々しくなるということを、今回の禁酒で実感しているところです。