世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

親孝行をしたいのなら格安スマホ

両親にはアラフォーに至る今までお年玉を中心としたお小遣いをもらう

だめ息子です。

ねだっているわけではないのですが、そうせざるをえない空気を出しているようで大変情けない。

 

学歴、身長、髪の量。

全てにおいて家族の下層に位置する自分。

一つだけ誇れることがあります。

あくまで家族の中でですが。

 

パソコン博士・・。

家族の中ではれっきとしたパソコン博士。

 

死ぬまでに一度、父親に心底喜んでもらいたい。

そう考えた2年前の父の日。

格安スマホとレノボのタブレットを思い切って買ってみました。

もちろんタブレットも、毎月のMVNOも自分持ちです。

人生初です。両親にこんなに素敵なというかお金をかけたプレゼントをしたのは。

 

父親も母親も大層喜びました。

生活が変わったと・・・。

ただ、ヤフーニュースを見たり、芸能人のことを調べたり、それだけの使い勝手でも

ネットに慣れ親しんでいなかった彼らには生活が変わる出来事だったのでしょう。

 

来年あたりは、i-padでも買ってあげようかなと、そんな気分になります。