世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

水没したiPhone5sが復活したという話。

お尻のポケットに入れていたはずのiPhoneが便器の中で発見されて

約1週間。

もうだめだと思い、MNP番号まで発行してiPhone6を購入する直前まで行ったのです。

 

しかし、奇跡的な復活を遂げます。

 

トイレから救出したiPhone。

この時点で勝手に電源が落ちていました。

まず、これが良かったのでしょう。

 

ショックのあまりふて寝した良く早朝。

寝ている妻を起こして、ピンを探してもらいます。

SIMカードを抜きたかったのです。

焦って機種変更をしなくても良いように古いiPhone4sに挿して使いたかったのです。

これも良かった。

 

翌日から会社へ行き、auの魅力的なオファーを熱心に聞いている内に、思い立ったように充電をしみると、電源が入る・・・。

光が見えました。

 

ただこの時点では、画面に水のシミのようなモノができていて、

”こんな画面ではゲームで満足な

 パフォーマンスができない”

その妻の言葉により、買い換える方向性は変わらずでした。

 

でも、惜しい。

ここまで来ているのに・・。

 

ネットで色々調べてみました。

除湿するとシミが切れることがあると。

 

水とりぞうさんを買ってきて、ジップロックにiPhoneを入れて2日。

シミが殆どなくなっています。

これなら、まだイケる。

 

現状、充電が非常にしにくいという課題を残しつつも。

2年縛り満期の12月まで、共に駆け抜けて行きたいです。