世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

部屋が汚すぎて近所が封鎖された話

f:id:kowalski22:20180521073111j:plain

 

10年くらい前でしょうか。

自分の住んでいるアパートの周辺が封鎖されたことがあります。
 
しかも自分が原因です。
 
当時は片付けられない人でした。
部屋には、コンビニ弁当の残骸やら、飲み残しのペットボトルやら。
とにかく酷い有り様。
 
日曜の夜、休日出勤していた会社から帰ると、黄色いテープが張ってあります。
例の、キープアウト的な奴てす。
自分が住んでいる1区画。
ただ、丁度消防隊員が撤収するところなので、家へ無事たどりつく事が
できたのですが、自分の家の中に
沢山の人。
あの、汚い部屋の中に。
 
聞くところによると、私の部屋から、ガス漏れ警報が
鳴ったとのこと。
緊急できてみたけど、人が居る様子はない。
偶然窓の鍵がかかっていなかったので、突入してみたけど、ガスの匂いは
しない。
ガスの匂いは。
誤作動と判断して今撤収するところだとのこと。
 
帰り際に言われました。窓の鍵は閉めましょうね。それと。
 
 
部屋、綺麗にした方がいいよ。
 
そう、誤作動の原因は恐らく部屋のゴミから出た異臭だったのです。
 
恥ずかしいやら、情けないやら。
 
昨日の朝方、我が家の近所で非常ベルがなり、消防車が数台きて、何事もなく帰ったのを見ていて思い出した、甘酸っぱい青春の話です。