世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

禁酒1日の感想。休肝日を半年に作った結果は。

f:id:kowalski22:20180628061637j:plain

 

ひょんなことから休肝日

ごく個人的な話ですが昨日、半年ぶりにお酒飲みませんでした。

妻に腹が立って、なんだか家でお酒を呑む気がおきず、即寝です。

 

裏返すと、半年間は毎日お酒を呑む気がおきるほどに楽しかって言うことなんですかね。

まあ、確かに楽しかった笑

 

で、飲まなかった次の日の朝が今。

 

意外といつもと変わらない、

肩もコリ気味だし、かつて禁酒した次の日にあった、あの、足の裏にエネルギーが充満してくるような熱気もありません。

 

もう、1日では回復しないくらいにお酒にやられているのでしょうか。

大体、ストログ酎ハイ500缶×1、ビール350缶×2くらい飲んでいます。

 

禁酒1日でわかった休肝日のメリット

しかし、濃いヒゲを剃ろうと洗面台の前にたって驚愕しました。

 

 

イケメンになっている・・・。

少し剥げているけれど、昨日よりはイケメンになっている・・・。

 

イケメンは美的感覚の問題なのでなんとも言えないですが、

顔がすっきりした感じがします。

多分、むくみがなくなったのでしょう。

さえない顔しているなあと感じるようになって10年以上。

さえない顔はさえない顔なんですが、昔よりもさえない顔だなと感じるようになったのは、お酒によるむくみが影響していたのではないでしょうか。

 

禁酒1日の感想

 

これは・・・もう1日禁酒してみても良いかも・・・。

そう感じなくもないメリットです。

40代を迎えて、衰える一方だった見た目が少し改善されているのですから。

 

ただ、やはり1日禁酒した程度では禁酒のメリットを強く感じるようなことがないというのが正直なところです。

もう少し身体が楽になったりするのかなと思っていたのが正直なところです。

 

1日の禁酒は何事もなかったように通り過ぎないと、本格的な禁酒への道は遠いのかもしれません。

長く禁酒を続けるために1日の禁酒に多くを期待はするなというところでしょうか。

 

 

1日の禁酒が大きな一歩ではある

しかしながら、何事もはじめは些細な結果しか得ることができません。

むくみが取れてイケメンになったというのであれば、それはそれでよいのではないでしょうか。

 

1日の禁酒を繰り返した結果が長い禁酒へと続くのです。

1日の禁酒でひいひい言っていた自分も、その後3週間、1か月と禁酒を続けることができるようになったのですから。

 

まずは1日の禁酒!休肝日!

 

kowalski22.hatenablog.com

 

 

kowalski22.hatenablog.com