世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

白のワイシャツが仕事で着るならオススメの理由

f:id:kowalski22:20180409054623j:plain

 

仕事着も昔よりは大分バリエーションが増えてきました。

上下の色が違うセットアップスーツなんて、私が社会人になった20年前位では考えられない服装で、上下の色違いを着ている社員がいたら、かなり変わり者扱いをされていたように思います。

ノーネクタイも年中ありになってきましたし、仕事着で悩むようなことも大分減ってきたなあというのが実感です。

 

しかしながら昔と変わらないことが1つあります。

ワイシャツです。

ワイシャツを着ないという会社はまだ少ないのではないでしょうか。

毎朝、今日はどの色のワイシャツを着ていこうかと、悩んでしまう人も少なくはないでしょう。

 

この記事では、仕事着でオススメな白ワイシャツについて、そのメリットをご紹介したいと思います。

 

 

白いワイシャツはどんなスーツにも合う

ワイシャツの色選びは結構難しくて、自分も数年前までは毎朝悩んでいました。

洗濯が追いつかなくて、ワイシャツの色が限られてくると、着ていけるスーツのバリエーションも少なくなってしまいます。

濃いグレーのワイシャツしか残っていない時に限って、ローテーション的にグレーのスーツしか残っていないような場合、ローテンションを崩すべきなのか、洗濯していないワイシャツを着るべきなのか悩んでしまったりします。

 

ワイシャツの色を全て白で統一するようになってからは、スーツとワイシャツの色合わせで悩むようなことはなくなりました。

白のワイシャツは、どのスーツにもぴったり合います。

白いワイシャツを着るようになってから、毎朝の悩みが1つ減りました。

 

 

白いワイシャツは印象が良い

白いワイシャツを着るようになって感じるのが、「派手なワイシャツってうるさい」ということです。

大きなストライプのワイシャツを着ている人がたまにいますが、あまりオシャレだと感じませんし、ちょっとうるさいなと感じてしまいます。

 

スーツの場合も一緒なのですが、派手な色のワイシャツを着ている人は、服の主張が激しくて、そこに気を取られる可能性があります。

特に初対面の場合などは、第一印象が「うるさいワイシャツ」で固まってしまう可能性があります。

 

白いワイシャツであれば、基本悪い印象は持たれないのではないでしょうか。

印象を持たれるとすると、スッキリしている、清潔感があるくらいでしょう。

白いワイシャツを着ることにより、少なくとも悪い印象を与えるということはなくなるでしょう。

 

白いワイシャツはオシャレをしやすい

白いワイシャツばかり着ていると、なんだか地味でオシャレじゃないと感じる人がいるかもしれません。

むしろ逆かなと、白いワイシャツを着ることでオシャレになったと自分では感じています。

 

今まではろくに色も合わせることができないのに、色のついたワイシャツにネクタイ、スーツを自分なりにあわせていました。

でも、ワイシャツ、ネクタイ、スーツの色を合わせるのって、素人だと結構難しくないないでしょうか。

更に厳密に言うと靴の色も合わせなくてはなりません。

色のバランスがバラバラでチグハグになってしまっている人も結構見かけます。

 

ワイシャツの色を白にすることで、落ち着きがでます。

白のワイシャツを起点に、スーツやネクタイの色が広がっていくという感じでしょうか。

しかも白いワイシャツは基本的にどんなネクタイの色にも合います。

ネクタイの色を変えることで、十分にオシャレをすることが可能でしょう。

 

自分の場合は、ワイシャツの色を白にすることで、仕事着にについてはそれなりにオシャレになったと自負しています。

あくまで自負なのであてにならないかもしれませんが、少なくともダサくはなくなったと実感しています。

 

 

仕事着は白いワイシャツが最強

白いワイシャツを着ると、オシャレで印象が良くなるのでオススメです。

そして白いワイシャツが何よりもオススメな理由は、毎朝どんなワイシャツを着るか悩むことが減るという点です。

毎朝の悩みを1つ減らせるというのは、人生のストレスがかなり減ることに繋がると実感しています。

 

ワイシャツは白一本にして、仕事に集中できる環境を作りましょう。

 

 

kowalski22.hatenablog.com