世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

仕事を早くして時間を節約する3つのちょっとしたテクニック

f:id:kowalski22:20180115073846j:plain

冬もど真ん中に突入してきました。

この時期は寝ている間に肩がこってしまって、朝中々起きることができません。

ブログを更新し続けるのが難しい季節ということになります。

 

対策としては少しでも時間を節約して、寝る時間を増やす、そして疲れをとるということになるのでしょうか。

 

私が実践している仕事を早くする3つのテクニック

時間を節約する上で一番最初に考えなくてはならなないのが、仕事時間の節約でしょう。

1日の間で最大のボリュームゾーンとなっている、仕事の時間を節約することができれば、日々の時間の節約には成功したと言っても過言ではありません。

 

 

メモ帳を持たない

メモ帳を持たなくなって3年ほどになりますが、一気に仕事が早くなりました。

メモ帳を持っていると、TO DOリストを書き写したり、眺めたりで結構な時間を無駄に使っていることがわかりました。

 

朝と夕方、オフィス全体を眺めていると、メモ帳に一生懸命何かを書いたり、眺めたりしている人のなんと多いことか。

 

メモ帳はやめて、やることはメールの受信ボックスで管理しています。

基本的には片っ端から終わらせていくようにしています。

スケジュール管理はもちろんスマホ。

これで結構仕事は早くなると思いますよ。

 

 

足元のゴミ箱を撤去する

足元にあったゴミ箱を撤去するのも効果的でした。

足元にゴミ箱があると、1度ゴミ箱に捨てたものもやっぱり気になったり、フロアの大きなゴミ箱に捨てる際に「本当に捨てて良いものか」を確認したり、結構時間をとられます。

 

ゴミを捨てるときは、後から探すことができないゴミ箱へ捨てて忘れてしまう。

余計な事を考えなくなるので、仕事が早くなるのも当然です。

 

また、足元がすっきりするので、気持ちよく仕事もできます。

 

 

電話に出ない

基本的に電話には出ないようにしつつあります。

電話に出ないと作業が分断されることもなくなり、効率的に仕事が進みます。

また、電話を出たことによって、ミスが起きてそのリカバリーをするなんていうこともなくなります。

 

電話に出ないと相手は怒らないか?

余裕が出た時に速やかに折り返す、もしくはメールで「先程は出ることができずに申し訳ありません」と一言入れて、丁寧に対応する。

これで、さほど問題にはなりません。

 

まあ、機嫌を悪くしている人はいるかもしれません。

ただ、このご時世に電話をバンバンかけてきたり、電話に出ないからといって機嫌を悪くしている人とは、少し距離を置いても良いのかなと。

それで全体の時間を節約して、時間に余裕ができたら、他の人や仕事に丁寧に応対をできるというメリットもあります。

 

まとめると

・メモ帳をもたない

・足元にゴミ箱を置かない

・電話に出ない

 

今までは常識とされているようなことも、思い切ってやめてみると仕事がサクッと進むようになったりします。

結構おすすめです。