世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

仕事ができない人と思われたら少しでも早く会社を辞めた方が良い

f:id:kowalski22:20171227070738j:plain

我が社では転勤などの人事異動の情報がメールで周知されます。

そこには退職者の情報も含まれていて、最近は人事異動のお知らせメールというか、退職速報の様相を呈しています。

衰退産業ならではの苦しい状況です。

 

昔は退職者メールが流れてくると、社内もざわざわしたものですが、今では「ああ、またか」といった具合で皆、眉をピクリと動かす程度です。

昨日もそんな退職者メールが流れてきましたが、個人的には少しだけ驚きを隠せない内容でした。

 

そこに書いてある名前は入社3年目の社員、彼が新入社員として営業部に配属されて着た際、研修担当として1年間面倒を見たのが自分でした。

 

 

できないながらも可能性を秘めていた新人

彼の見た目はしっかりしていて、少し話をする程度の接し方だととても優秀に見えました。

ただ、1週間も付き合うとボロが出てきます。

 

意識は高く、勉強熱心なのですが、とにかく注意力が散漫なのです。

雑務におけるミスの発生頻度は、自分がこれまで教えてきた若手の中でも群を抜いていました。

まあ、それでも。

新しいことへ前向きにチャレンジする姿勢や、厳しい指導に立ち向かってくるガッツもまた群を抜いていました。

ですから、「もしかすると化けるかも」。

そう密かに成長を楽しみにしていました。

そもそも、自分が新入社員だった頃よりははるかにマシだし!

 

 

できない人と社内で認知されていった

彼が入社をして1年が経つ頃には、それなりに厳しく指導をしながら、なんとなくの改善や成長が見えてきていました。

ただ残念なことに、そこで自分が上司とのトラブルにより異動となってしまいます。

彼のことは少し遠くで見ることとなりました。

 

自分の元を離れた彼は、相変わらずミスを繰り返します。

いつしか社内では「できない人」と思われるようになり、直属の上司や同僚は彼を冷笑するようになりました。

 

そして更に1年後、社内営業サポートという部署へ異動となり、半ば営業をクビになってしまいました。

 

 

一度できない人と思われたら評価を覆すのは難しい

実際にできない人かどうかは別として、一度できない人と社内で認知されるとそれを覆すことは非常に難しいでしょう。

どうしてか。

できない人と認知されている人の評価を上げると、その評価を上げた自分の目がおかしい、レベルが低いと思いがちだからです。

ですから、一度できない人と認知されてしまうと、新しい部署、新しい上司の元で仕事をすることになっても、できない人と評価され続けるのです。

 

逆も真なりで、一度社内で「できる人」と認知されるとなんとなくそのまま評価は継続されます。

「なんであの人は評価されているんだろう」とクビをかしげてしまうような人が出世をしていくのもそんな理由からなのでしょう。

 

 

できない人と認知された際にとるべきった1つの手段

もしも社内で「できない人」と認定されしまったらどうするのか。

転職をするしかないでしょう。

一刻も早く転職をして、自分のことを「できない人」認定していない世界に飛び込むべきでしょう。

今の会社で評価を覆すのはマイナスからのスタートです。

しかし新しい会社へ転職できれば、少なくともゼロからのスタートです。

 

できない人と思われたら、一刻も早く転職活動をするべきでしょう。

それは早ければ早いほど、若ければ若いほどです。

 

リセットして、今度こそ、そのやる気を最大限に引き出すことが出来る環境で、目を輝かせて働くべきなのでしょう。

 

 

kowalski22.hatenablog.com