世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

【緊急寄稿】今日のジャパンカップでキタサンブラックを狙った人は競馬を辞めたほうが良い

f:id:kowalski22:20171126204011j:plain

見どころはキタサンブラックがどれだけ強いかだった

産まれたばかりの赤子が泣き叫ぶのをあやしながら、小さな音量でジャパンカップを見ていました。

1年前は気の抜けた感じで賭けていて、2年前くらいまでは肩がパンパンになるほど力んで見ていたのと比べると随分リラックスして、競馬の祭典を見ることができました。

馬券買うの辞めてわかりました。

賭けていなくても競馬中継は楽しめるよ!

 

今日の見所はどう考えてもキタサンブラックがどれだけ強いか。

有馬記念までの引退ロードを3連勝で飾ることができるか。

それだけを楽しむような面子でした。

馬券を購入していない競馬ファンにとっては。

 

 

馬券をキタサンブラックから買う人には破滅が待っている

 

でも、馬券を常習的に購入していて、キタサンブラックを頭から買ったり、本線の軸で買っていたりする人は、ちょっと厳しいと思いますよ。

これだけ勝ちそうで、みんなが必要以上に馬券を購入するような馬を買っちゃっているような人は、絶対馬券の収支はプラスにならないかと。

 

そもそも競馬はまず25%の負けからスタートする分の悪い勝負。

(馬券売上の25%はJRAの取り分として没収されます)

ただでさえ分の悪い勝負、少なくなった取り分を馬券購入者で奪い合うわけです。

みんなと同じ事をやって、平均的な勝ち方しているとみんなと同じように25%、いやそれ以上のマイナスになってしまいます。

 

競馬でプラス収支を勝ちとるためには、他の人と違うことをやるしかありません。

出し抜くのです。その他大勢を。

キタサンブラックを買っていては出し抜くことはできません。

キタサンブラックはもしかすると今日1着になっていたかもしれません。

でもそれに皆と一緒に喜ぶようでは、競馬で儲けることはできないのです。

いつかは25%のマイナスをみんなと吐き出すことになります。

 

 

今日キタサンブラックを買わなかった人にだけ未来がある。

キタサンブラック軸の3連複や軸1頭マルチの3連単なら、馬券は取ることができたでしょう。

5番人気が1着の割は安い払い戻しです。

そんなクソみたいな馬券はいらん。

そんな気持ちで今日外れても、どこ吹く風な顔をしている人。

馬券で儲けている人はそんな人なのでしょう。

 

 

kowalski22.hatenablog.com

 

 

kowalski22.hatenablog.com