世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

家の中にAppleの製品が増えて良かったこと

f:id:kowalski22:20171106075046j:plain

私とAppleの歴史

パソコンはWindowsしかさわれずに、Macは全く扱えないと言っても過言ではありません。

ですからMacを中心としたアップル製品とは距離を置くようにしていたのです。

その昔、iMacが流行した頃も毅然とした態度でスルーしました。

いや、触れないからスルーするしかないんだけど。

Apple製品はデザイン系の仕事をしているか、スノッブな人が使うものと勝手に決め込んでいました。

 

潮目が変わったのはiPodの登場です。

何千曲もの音楽を常に持って歩ける。

わくわくが止まりませんでした。

はじめてAppleの製品を購入しました。

当時はWindowsパソコンへのサポートがされていなかったこともあり、利用するまでにまあまあ苦労したのを覚えています。

でも、あの時、iPodの箱にこう書いてあったのは鮮明に覚えていて、人々がAppleの虜になるのも分かる気がしました。

「enjoy」

確かそう書いてありました。

 

 

今我が家にあるApple製品

f:id:kowalski22:20171108073917j:plain

結局iPhoneには3GS からお世話になることになる。6台くらい購入しています。

今我が家にはそれなりにApple製品が居座っています。

 

iPhone7Plus(自分用メイン)

iPhone7(妻)

iPhone8(自分用仕事)

Apple TV

MacBookAir

AirPodds

AppleWatch

 

こうしてみるとまあまあApple製品に侵略されているのがわかります。

MacBookAirは相変わらずちゃんと使えていないけれど。

 

 

たくさんのApple製品に囲まれてよかったこと

家の中がオシャレになる

Appleの製品はデザインがしゃんとしています。

特にパソコンなんかは歴然で、使いこなせるWindowsパソコンを購入しようと思うこともあるのですが、デザインだけで買う気をなくしてしまうのが本音です。

シンプルなデザインのApple製品が家に増えてくると、家の中も綺麗に、シンプルにしようとなってくるから不思議です。

 

気分があがる

Apple製品が目につくところにあるとやっぱり気分があがります。

音楽を聴いてみよう、AppleWatchをつけてウロウロしてみよう。

そんな謎な気分になります。

今を便利に過ごして、少しだけ未来も生きているような気分になるから不思議です。

 

あまり考えずに使える

これだけ電子機器があっても、何も考えずに、説明書もろく読まずに使えます。

すっと利用することができて生活が少し便利になります。

Appleの製品、買ったけれど使わなかったものって殆どないです。

しかも壊れない。

そう考えると、少し高いけれど使い続けることができるApple製品はコスパ最高ではないでしょうか。

 

 

Appleのスマートスピーカー早よ

AmazonECHOがいよいよ日本にも上陸することになりました。

当然興味シンシンではあります。

ただ、やっぱりここはAppleのHomePod(ホームポッド)待ちでしょう。

Amazonがスマートスピーカーと同時にミュージックアンリミテッドという聴き放題サービスを開始したことを考えると、当面スマートスピーカーの主な利用用途は音楽でしょう。

音楽と言えばAppleです。

また1つ家の中にApple製品が増えると思うとワクワクが止まりません。