世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

AppleWatchでLINEは使えないの?AppleWatchを購入して後悔したこと

AppleWatchのことが頭から離れなくなった40代

AppleWatchのことを四六時中考えるようになってしまっていました。

AppleWatchについての妻の反応なんかを見ていると「きっと世の中の多くの人にとっては、AppleWatchなんてどうでも良いガジェットなんだろうな」と思ってしまいます。

ガジェットっていうか「おもちゃ」かもしれません。

自分がここまでAppleWatchに執着をすることでやっとわかりました。

「新しいもの好きなんだな」と。

もうこの新しもの好きを受け入れて、認めて生きていくしかないんだなとスッと心の中で思うのです。

 

 

そしてAppleWatchを買った

ずっと考えているのもの精神的によくないし、新しいパソコンを購入するのは少し我慢したし、したし、したしと呟きながらヨドバシカメラでAppleWatchを購入したのが土曜日です。

あぁと思わず吐息が漏れました。

嬉しかったのです。

やはり新しいガジェットを購入するとワクワクします。

特に今まで自分が使用していなかった類の製品を購入した時に感じる未来感。

この未来感が自分が新しいもの好きな理由なのでしょう。

 

 

AppleWatchを購入した思わぬ誤算。AppleWatchでLINEができない?

iPhoneを持つことができない状態でもLINEをすることができる」。

これがAppleWatchを購入した私なりに大義名分でした。

今回AppleWatchを購入してはじめて判明したことがあります。

「AppleWatchでLINEは半分できて半分できない」ということです。

何を言っているのか?

返信しかできないAppleWatch

まず、AppleWatchでのLINEは返信しかできないのです。

アプリを開いてわかりました。

トークの作成するボタンがないのです。

起動するとすぐに新着のトークを読み込みにいきます。

これは想定外でした。

まあ確かに、自ら発信する場合はiPhoneを出してメッセージを作成すれば良いだけなのですが。

犬の散歩中や、帰宅時に歩きながら妻に帰るLINEをすることを想定していたので少しがっかりです。

トークの読み込みに時間がかかりすぎるAppleWatch

まあ、返信できるから良いかと思うように気持ちを切り替えたのですが、すぐに落胆することとなります。

妻からのLINEで気がつきました。手にぶるっと震えが来た瞬間は、嬉しくて身震いをしたものだったのですが、すぐに怒りで震えることとなりました。

トークを読み込めないのです。

いや、正確にはトークを読み込むのに時間がかかりすぎるのです。

しかもその間にアプリが落ちてしまうという惨劇です。

いつか改善はされるのでしょうか。

トークをまともに読み込むことができませんので、当然返信もできないということになります。

 

現時点でAppleWatchでは、LINEがきたという通知を確認することができる。この1点しかできないということになるのでしょう。

 

 

LINEはろくに使えないけれどAppleWatchには期待していきたい

せっかく買ったということもありますし、まだAppleWatchをつけて2日です。

今日、月曜日からはAppleWatchをつけてはじめての仕事が始まります。

これからAppleWatchをつけて、どう生活に未来感がもたらされるか、じっくり試していきたいと思います。

ただ今の気持ちとしては「LINEがろくに使えないんならAppleWatchなんて買ってなかったよ!」ということになるでしょう。