サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

【禁酒体験談】10日間お酒を絶って何が変わったのか?

お酒を減らすようになって数ヶ月が経ちました。

ただサラリーマン、しかも営業職という仕事柄、宴席なども少なくなく中々禁酒というわけにはいかずにいました。

週に1度位は飲んでいたでしょうか。

ただこの度、飲み会や接待がないという日が続き、お酒を飲まずして10日間を過ごすことができました。

10日間お酒を飲まなかったのは、恐らく10年以上ぶりでしょう。

10日間の禁酒、どんな変化が生活に訪れたのでしょうか。

 

イライラしなくなった

10日間禁酒をしてみて1番の変化。それはイライラしなくなったということです。

原因はわかりませんが、穏やかに暮らすことができているのです。

家庭でも職場でも。

お酒を飲んでいる頃は、もしかすると慢性的に疲れていたのかもしれません。

身体の疲れやダルさがイライラにつながっていたのでしょうか。

夜になってお酒が飲めるようになると、アルコールの力がその疲れやダルさを麻痺させていたのかもしれません。

なんだか日々イライラするなという人がいたら、お酒をやめてみるもの手かもしれません。

 

本を読み映画を見るようになった

習慣的にお酒を飲むようになってからは読書をすることがなくなっていました。

大好きだった漫画さえも読まなくなっていました。

歳のせいなのかなあと。周囲にも「歳をとると漫画を読まなくなるもんだね」などと話していました。

大間違いでした。

禁酒をして10日、本当に読書習慣が復活しました。

ビジネス書や自己啓発書、もちろん漫画も。

それにNetflixなんかで映画やドラマもよく観るようになりました。

禁酒をして、文化的な生活を取り戻すことができました。

 

朝起きるのが楽しすぎる

とにかく朝が楽しみです。今が7月で、ここが北海道だということも大きく起因しているのかもしれませんが、気持ちの良い朝を迎えることができます。

朝起きるのが嫌だと感じなくなりました。

同じ仕事をしていて、会社は相変わらず憂鬱です。

それでも朝起きて、犬の散歩へ行ったり、コーヒーを飲んだり、こうしてブログを書いたりしていること。

その全てが幸せに感じるようになりました。

 

お酒のない生活はこれからも続くのか

たまにお酒を飲みたいと感じることは今でもあります。

それでも毎日の快適さや朝の素晴らしさ、本を読む楽しみを思い出すと、スーパーのカゴにいれかけたストロングゼロも、そっと棚に戻すことができます。

もう、必要な時以外は、お酒を飲むことはないのだろうな。

今はそんな気分です。

 

読んだ当初はあまり効かないなと思ったこの本。

じわじわと禁酒に効果があるような気がします。