世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

今まで犯したお酒での数々の失敗達へさようなら

成人してから、特に社会人になってからはお酒には大いに助けられました。

人見知りで口下手な自分が、多少の停滞で済むレベルでサラリーマンを生業とする事ができたその要因の、かなりの部分をお酒が占めます。

 

一方で、お酒によって沢山の失敗もしてきました。

  1. 酔っ払って同僚の女性を口説く
  2. 酔っ払って上司に調子こく
  3. 酔っ払ってリビングでオシッコをする
  4. 酔っ払って何故かリビングで下半身丸出しで寝る
  5. 酔っ払って服を着たまま風呂に入る

 

代表的なものをあげるだけでも、これだけの失敗をしました。

特に40代に突入してからは、繰り返し繰り返しこんな失敗をするようになってきました。

飲むたびにです。

だんだんとお酒を飲むのが怖くなってきました。

 

お酒を飲むとかなりの確率で記憶も飛びます。

 

潮時なのかな。

そう感じています。

お酒を飲まなかった頃に戻ろうと思います。

 

最近は毎日飲んでいたお酒も週に2回程度しか飲んでいません。

お酒を飲まなくても楽しかった、あの高校時代。

最近は音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を読んで過ごしています。

家族との会話も。

 

たくさんお酒で失敗してきて、そろそろ取り返しのつかない失敗をしそうで不安でした。

 

付き合い以外は外で飲まないようにします。

家でも平日は飲まず、週末も飲むのは1日にしようと思います。

 

お酒がなければ、結婚できたかさえ怪しい自分。

でも、お酒の事が嫌いになる前に、距離を置いて生活しようと思います。