世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

電話をする人は仕事ができない。電話をする人が迷惑な理由は?

 

今年に入って働いている4人編成のチーム。

そのうちの2人、びっくりするくらいにいつも電話をしています。

朝のミーティングが終わったら、即電話がかかってきて、その電話で話をしているうちに、また電話がかかってきます。

 

やっぱり電話をする人は仕事ができないし、迷惑です。

 

一つ目の理由は余計な仕事が増えるからです。

「◯◯は只今他の電話に出ておりまして〜」

周りで働いている人は、自分の仕事を中断して電話をしている人のための電話応対をしなくてはならないのです。

自分に電話がかかってくるだけで迷惑なのですが、連絡手段が電話メインの人がチーム内にいると、その取次に時間をとられてしまいます。

 

二つ目の理由は、ミスを誘発するからです。

集中して作業をしている際にかかってくる電話。

仮に出ないとしても、集中が途切れてしまうでしょう。

計算をしていたり、チェック作業をしているような場合、集中が途切れてしまうことによるミスは避けられないでしょう。

現に、電話をメインの連絡手段としている我がチームの2人はいつもミスばかりしています。

 

三つ目の理由は、時間泥棒だからです。

電話ばかりかけてきて、メールをあまり使わない人の特徴として、要点をまとめれていないということが挙げられます。

電話をかけてきたは良いけれど、なんだか話があっちこっちに飛んで、結局何が目的だったかわからない、しかも長い。

電話をかけてくる人にありがちな傾向です。

電話が好きな人達はお互いの時間を盗み合うので、膨大な時間を浪費しています。

我チームの2人も残業時間が毎月80時間を超えています。

その分残業代を貰えているのですが・・・。

電話をするだけで稼げる仕事と。そう思うと割が良いと言えば良いのですが・・・。

 

 

電話を忌み嫌う人にはこちらもどうぞ。

kowalski22.hatenablog.com

 

 

kowalski22.hatenablog.com

 

 

人まかせにしない わがまま転職 | ピタジョブ