サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

加害者家族を誰も守ってくれない。千葉の事件で真っ先に思い出した映画。

dd.hokkaido-np.co.jp

まさかPTA会長が犯人だったという驚きの展開を見せている事件。

皆が驚く人物が犯人だった場合、その性格や性癖などその犯人の生きてきた様に注目が集まる。

付随して、彼らの家族にも世間は好奇の目を向ける。

 

特に注目を浴びてしまうのはその親。

どんな育て方をしてきたんだと猛烈なバッシングを受け、時には執拗な嫌がらせを受け、耐えることができずに自ら命を絶ってしまうようなケースもあるようだ。

 

今回の千葉の事件、PTA会長には同じような年頃の女の子がいたという話。

彼女たちにはこれから厳しい現実が待ち受けているかもしれない。

彼女たちの相手は主に子供で、それは容赦ない生き物だから尚更。

 

 

誰も守ってくれない

誰も守ってくれない

 

 加害者家族の保護について描いた力作。

この映画を少しでも多くの人が見てほしい。

この映画に描かれている加害者家族の現実は、見ていて気持ちが痛くなる。

きっと現実でも少なからず同じような事が起きているのだろう。

 

この映画を見ていたおかげで、今回の容疑者の娘さんたちの事を少し想像することができた。

決して思いを寄せるような事がなかった人達へ思いを寄せるきっかけを作ってくれた映画。