サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

10年付き合った彼女とわかれて15年。彼女はまだ同じ車に乗っているみたい。

高校在学中から10年付き合った彼女がいた。

別れてから15年。彼女が自分と同じように歳を取っていれば四十を過ぎている。

10年付き合ったけれど、15年離れてしまうと記憶もなくなってくるものだ。

 

先日営業中に久々に彼女が母親と住んでいたマンションの前を通った。

彼女が車を停めていたスペースに、変わらず同じ車種の車が停まっていた。

ピンクのビッツだ。

あまり頭の良い彼女ではなかったが、彼女は大学を卒業してそこそこ大きな金融機関に入社することができた。

そのそこそこ大きな金融機関は合併などの結果、とても大きな金融機関になったのだけれど。

彼女は当時母親と二人暮らしで、そこそこ良い会社に入れたこともあり、思い切って念願の車を買って、母親とスーパーに買い出しに行けることをとても嬉しく話していた。

その車がピンクのビッツだった。

 

彼女とは確か遠距離恋愛で別れたのだけれど、多分本当は違うと思う。

別れてから少ししてから彼女と話す機会があった。

今、不倫をしていると言っていた。

自分は当時仕事がうまくいかなくて仕事の愚痴ばかりを言って、彼女の話は正直なところもうどうでも良かった。

 

彼女が乗っていたピンクのビッツはまだ同じマンションの同じスペースにある。

あれから15年以上たったのだけれど。

なんとなく10年付き合ったけれど、もう連絡先も知らないけれど、彼女と会って話をしてみたいなと思った。