読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

やっぱり 大きな声で話すと仕事ができるようになるかもしれないという話

最近何気なく働いていて気がついた事があります。
声が大きな人は、仕事ができる人が多いなということです。
逆に、小さな声で聞き取りにくいような話し方をする人はあまり仕事ができる印象がありません。
何故声が大きな人は仕事ができるのでしょうか。
やはり、声が大きいということは自分に自信があるからなのでしょう。
自分に自信があるから、大胆に思い切った仕事をすることができて、思い切って仕事をするから成功するのでしょう。
そしてその成功がより自信を深めて、声も大きくなるという好循環なのかもしれません。
声が小さい人は自分に自信がないのでしょう。
自分に自信がないような人が、良い仕事をできるとはあまり思いません。
また、声が大きいとい人は、あまり口が臭いという印象がありません。
口が臭い人、特に何らかの自覚症状があるような人は、とてもじゃありませんが、口を大きく開けて話すことはできません。
口が臭いと自分で感じているような人は、あまり大きく口を開けないで話すのではないでしょうか。
仕事は、営業職に限らず殆どの仕事が人と接することがあります。
口が臭いと人にあまり良い印象をあたえることができません。
やはり口の匂いを気にせずに、大きく口を開いて話すことができる人ほど、仕事ができて当たり前なのかもしれません。
仕事ができるようになりたいのであれば、口を大きく開いて話すことができる口内環境と、自分に自信を持って大きな声で話せる精神環境を整える必要があるのかもしれません。