読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

今更だけど!バカで素直な人が出世する理由がようやくわかった。

仕事のこと

昔、非常に大きな会社に勤めている時、同期の中でいちばん早く出世街道に乗ったのが、二流公立大学を出た、ごくごく平凡なタイプだった。

まあ、人当たりが良くて、イケメンではあったけれど、並み居る一流大学を出た切れ者達を差し置いてまで、出世街道に乗ったのが不思議で仕方がなかった。

 

サラリーマンをしていると、こんなことにちょくちょく遭遇する。

バカで素直な人が出世をしていくということ。

仕事はできなくはないという、そういうレベルの人が抜けて出世をしていくということに。

結局、ゴマスリがうまいのかなあと思考停止して、でも指をくわえて見ていた。

 

少ないながらも部下を持つようになって、理由がわかった。

バカで素直な人が出世する理由。

 

何人かの若手を教育して、成長が早いのはバカで素直なタイプだった。

利口で、自分の考えやスタイルを持っている若手は、やはり自分のような中堅社員の言うことを素直に実行しない。

自信があるのだろう。

でも、長い間働いてきた自分達中堅社員の経験というのも、実はそれなり参考になる、意味のあるものだ。

利口な若手は、まず自分でやってみて、うまくいかなくて、かなり先の未来に経験の大切さに気づいたりする。

そこから成長をはじめる。

 

バカで素直な社員は、まず中堅社員の言う通りに仕事を覚える。

バカだから自分のやり方など考えずに、素直だから言われた通りにやる。

結果、利口な若手が何年もかかって修得するであろう先輩社員の仕事のやり方を、すぐに覚えてしまう。

その瞬間その瞬間を切り取っていくと、先輩社員の仕事のやり方を身につけている、バカで素直な社員の方が仕事ができると判断をすることができる。

結果出世につながるのだろう。

 

そんな社員ばかりが出世をすると、従来のやり方以上の革新は生まれないから、そんな会社に未来はないのかもしれない。

でも、早く仕事を覚えて、出世もしてみたいのなら、バカで素直なフリをするのも良いかもしれない。

効率よく仕事を覚えることができるのは間違いない。

自分の中で考えることさえやめなければ良いのではないだろうか。