世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

真実はこれ。上司に報連相ばかりしている人の残念な話。

サラリーマンの基本として推奨されている報連相

よく報連相をする人は仕事ができると言われています。

はたして本当にそうなのでしょうか。

確かに、出世している人も多いかもしれません。

報連相を嬉しがる上司が、世の中には沢山いるので、この結果はさもありなんというところでしょうか。

でも・・・。

 

有人の上司に比較的早い段階で出世をしている人がいます。

人柄も良く、クライアント受けも良いのですが、彼の特徴はひたすら報連相を行うというところにあります。

それが要因で出世をした可能性さえあります。

彼の上司の口癖は「俺、それ聞いてないよ」だからです。

 

彼は自分の決済権限内に収まることでも、ひたすらと報連相をします。

部下が相談しても「後で聞いておくわ」という返答をします。

急ぎの案件も殆どそんな対応です。

そんなことでは仕事にスピード感はでませんし、仕事も進みません。

ですから報連相を繰り返す彼の帰りはいつも遅く、彼が率いるチームもいつも遅くまで仕事をしています。

過剰な報連相は仕事を遅くしてしまいます。

 

過剰な報連相は仕事が遅くなるのと同様か、それ以上の問題も引き起こします。

いつも報連相をしている彼は、自分で決断をすることが殆どありません。

決断をするためには、自分の中で一定のルールを作るなどの工夫が必要なのですが、決断をしないかれには、その工夫の仕方をしりません。

報連相ばかりしていて決断力がなくなってしまったのです。

決断力がないため、相談することがないような日常の作業においてでさえ、彼は悩みながら仕事をしているようです。

ひとつひとつ何かを見ながら、時にぼーっとしながらゆっくり仕事をしています。

 

もちろん、嫌な事も含めて速やかに報告をするという事は大切なことでしょう。

しかし、嫌な事も含め、時には自分の中で腹をくくって処理をしてしまおう。

そうすることで人は自分なりに考える訓練をして、成長をしていくのでしょう。

いつも報連相をしていると、自分で考えることもなくなってしまいます。

誰よりも考えているからこそ、良い仕事や良い決断やスピーディーな決断ができるのです。

 

報連相こそが正しいと思っている人は、少し注意して見たほうがよいかもしれません。

報連相をすることによって仕事が遅くなってはいないだろうか。

報連相をすることで決断力がなくなってはいないだろうか。

報連相をすることで考える自分で考えることがなくなってはいないだろうか。

過剰な報連相は自分をダメにしてしまう可能性があるのです。