読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

サラリーマンがランニングをした方が良い理由とはじめ方。

アラフォー仕事ごと

今は少し休憩していますが、ランニングをはじめてから沢山の良いことがありました。

今は休憩しているから、少し嫌なこと、例えば痛風なんかか我が身を襲っているのかもしれません。

 

kowalski22.hatenablog.com

 

ランニングは素晴らしい。もしもサラリーマンとして行き詰まったりして窮屈な思いをしているのであれば是非ともはじめた方が良いと思います。

 

ストレスの解消になる

ランニングをはじめて、少しまともに走られるようになってくると、ランニング中には何も考えられなく時間帯が訪れます。

自分の場合は仕事が終わってから走ることが多かったのですが、走り初めは頭に中に渦巻いていた怨念のようなもの、例えば上司に言われた小言などや部下の仕事のできなさなどが、走っている途中から綺麗に頭から蒸発しているのです。

いわゆるランナーズハイを味わうことによって、日常の些細な事を忘れることができます。

ランニングが習慣化していた頃は随分とこれに救われました。

 

1日中働き続ける体力がつく

ランニングをする前、少しぽっちゃりだった自分。

仕事中はなんだかダルい事が多く、夕方には疲れて殆ど機能していませんでした。

ランニングをするようになってからは、このダルさや疲れがなくなりました。

ランニングによって肩凝りが解消されたのか、血行がよくなったのかダルさは消え、夕方まで働いても肉体的な疲れな感じなくなりました。

疲れがなく、体力があるので仕事の質やスピードがあがり、定時には帰ることができるようになりました。

 

まともな体型になる

鏡を見てみましょう。しかも横から、スーツの上着を抜いで。

自分はこの時に目に入る情けない体型が嫌でした。情けない体型が情け容赦なく目に飛び込んくるのです。なるべく鏡を見ないようにしていました。

ランニングをしてからはこれも変わります。

鏡の中には情けない体型をした自分が映らなくなります。

ランニングは間違いなくダイエットに効果があります。そして健康診断の数値が劇的に改善されます。

 

サラリーマンとしての評価があがる

ランニングが習慣化して、ストレスを解消する術を覚えて、1日中体力を漲らせて働くことができ、まともな体型になると、多くの場合は評価があがるでしょう。

ランニングを習慣化できている人は、それなりの評価が与えられてはいないでしょうか。

ランニングを続けることができるということは意思が強い、継続する力があるということですから、仕事もできて当然です。

きっと評価もつながってくるでしょう。

 

ランニングを継続するために

ランニングを習慣化して、できればちょっとした大会に出るようになりましょう。

そのうち、仕事のためとかじゃなく、純粋に走ることが楽しくなってくるはずです。

仕事なんて些細なことに思えてくる事もあります。

ただ、習慣化するまでは少し大変かもしれません。

ランニングを習慣化するための一番の秘訣は、決められた距離じゃなく決められた時間を走るということです。

習慣化されていない段階で10キロを走ることは難しいでしょう。

ただ、歩いても良いという前提であれば1時間ランニングを続けることはできるのではないでしょうか。

今日1時間で5キロしか走ることができなかったのであれば、明日は5.5キロ走ろう。

とにかく毎日決まった時間を走ることにより、徐々に走れる身体を作っていくのです。

 

ランニングは間違いなく人生を好転させる効果があるでしょう。

風を切って走る気持ちよさ、頭の中が空っぽになる気持ちよさをまた味わってみたいものです。