世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

冷凍食品で何が悪い?手抜き家事で時間を節約。人生を満喫しよう。

先日の飲み会で、20代独身の部下の話題で盛り上がりました。

実家暮らしの彼が、何故一人暮らしをしないのかという話題です。

彼の言い分としては、仕事に飲み会に忙しくて、家事をやる暇がないからだと。

ああ確かに。

独身時代の事を思い返して、その場にいた多くの既婚男性は納得してしまいました。

家に帰ってからの食事作りに掃除洗濯、満足にできませんでした。

しかし今なら思います。

仕事と同様にもっと効率や生産性を考えて家事に取り組めば、独身一人暮らしをより楽しむことができたのでは。

 

冷凍食品を上手に利用

全てを自炊しようとすると、それなりに時間と労力がかかります。

全て自炊をしようと頑張ると、長続きせずに結局コンビニ弁当に頼ることになってしまいます。

自炊は一部。ご飯を炊いて一品だけ自分で作る。そして残りは冷凍食品を利用で見栄えがして、お金もあまりかからない食事を作ることができます。

これは独身男性だけに言えることではありません。

主婦、特に働きに出ている主婦はもっと冷凍食品を利用して、楽をした方が良いのではないでしょうか。

ヨーロッパの主婦などは、日本ほどに食事作りに時間をかけないと言われています。

フランス女性の「食事観」は日本人と全く違う | WORK AGAIN | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

掃除機はロボットにおまかせ

独身時代に使わなかったことで一番後悔しているのがお掃除ロボットです。

情けない話しですが、掃除機なんて週に1回かければ良いほうでした。

自分が働いている間に、勝手に掃除をしてくれるなんて夢のような話しです。

 

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

 

 少し値段は張ります。それでも、生涯掃除機をかける時間をお金に換算するともとは取れるのではないでしょうか。

時給1200円、掃除機をかけている時間が10分とすると、1回の掃除機に200円かかっていることになります。

2日1回掃除機をかけるとすると月に3,000円、年間36,000円です。

絶対ロボットに任せた方が良いでしょう。

 

アイロン不要のYシャツを利用する

最近の形状記憶型のYシャツは目まぐるしい進化を遂げています。

イトーヨーカドーで販売しているYシャツには、全くアイロンをかけなくても皺ができないものもあります。

Yシャツだけではありません。

スーツにも折り目が消えない、アイロン不要のスーツが出てきました。

想像してみてください。

アイロンをかけなくても良い朝を。

どれだけ有意義な時間を過ごす事ができるでしょう。

 

たまには家事代行を使う

okan.dmm.com

割り切って家事代行サービスを使っても良かったなとも思います。

最近ではDMMまで参入してきました。

やはり需要があるのでしょう。

独身時代の楽しい生活にも限りがありますし、たまには奥さんに休日を与える必要があると思います。

 

私たちはもっと家事の生産性について考えるべきなのでしょう。

独身の人達はその若い間の貴重な時間を、他の事に使うべきです。

主婦達にはもっと休みを与えて、家族皆が心から楽しむ時間を作れるようにするべきでしょう。

もっと手を抜いて、任せられることは機会や他人に任せても良いのかもしれません。