読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

禁煙のススメ?タバコを吸うサラリーマンは何故仕事ができないのか。

アラフォー仕事ごと

飲食店が原則全面禁煙となる法案が提出されるようで、喜ばしい事です。

これで会社の飲み会でも、スーツが臭くなるという事が減りそうです。

 

さて、自分の周りにも沢山いる喫煙者、仕事ができない割合がとても高い。

どうして喫煙者は仕事ができないのでしょうか。

 

仕事が遅い

一番の理由はこれです。

皆さんも聞いた事がないでしょうか。もしくは言っていないでしょうか。

「まずは一服してから」

何か仕事に取り組む度にこれです。

1つの仕事の始まりと終わりで必ずこれをやっていますから、続けてどんどん仕事ができる人と比べると、スピード感が全く違います。

それでいて残業して、さらに残業中も一服してからなんてやっているのですから目も当てられません。

 

世の中の空気を読めてない

タバコの吸い過ぎで脳に酸素が行き渡っていないのかもしれません。

これだけ世の中が禁煙の方向に流れているのに、世間から煙たがられているのに、そんな空気が読めないというのは致命的です。

昭和から時が進んでいないのかもしれません。

昭和の時代を生きている人に今の仕事をするのは難しいでしょう。

 

臭い

喫煙者って自分が思っているより臭いのです。

においがキツイ人はそばを通るだけで不快な気持ちになります。

そんな匂いを撒き散らかしている人に、仕事を頼もうとする気持ちになれるでしょうか。

 

自分勝手

自分がタバコで寿命を縮めるのはまあ、仕方のない事かもしれません。

ただ、これだけ受動喫煙の問題がクローズアップされている中、同僚や部下の前で平気でプカプカさせているのはあまりに身勝手ではないでしょうか。

そんか身勝手な人が…。

 

自分もタバコを吸っていた時期がありました。

今やめてみて、全くデメリットを感じません。

メリットだらけです。

タバコをやめてから、仕事のスピード感がぐんぐんと出てきまして、営業成績も良くなりました。

法律も厳しくなるようです。

もしまだタバコを吸っているのなら、今が禁煙する絶好のタイミングではないでしょうか。