読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

サラリーマンが一度は転職をした方が良い理由。

アラフォー仕事ごと

新しい年がはじまりました。

今年こそはと、新しい事にチャレンジをしようと考えている人も多いのではないでしょうか。

そのチャレンジが転職という人もいるでしょう。

しかしこの転職、いざ活動をはじめると本当にしても良いのか、意外と悩んでしまうものです。

同じ会社の同僚や上司、また両親などの家族は、かなりの確率で転職をすることに反対をしてくるからです。

断言します。転職、一度はしてみるべきでしょう。

 

自分の市場価値を知ることができる

まず最初に挙げられる理由です。

転職活動をしてみると、意外とすいすいと内定が出ることもあれば、思っていたよりも苦戦して、中々転職先が決まらないというケースもあります。

新卒の採用と違い、転職活動では今までの実績を値踏みされます。

社会人としての経験値が年相応に備わっているのかどうかを吟味されます。

一度転職活動をしてみると、自分の働きを他所の会社の人が査定してくれることがわかります。

「社内からの評価は良くないけれど、本来自分はもっと評価をしてもらって当然だ」

そう考えている人も多いことでしょう。

もし、思うように転職活動が進まないのであれば、今の会社に居た方が無難なのかもしれません。

その評価に甘んじて、もっと良い評価をもらえるようになってから、再度転職活動による査定を受けてみましょう。

実際に転職をしなくても、他の会社からの客観的な評価を知ることができる転職活動は一度はしておくべきでしょう。

将来、突発的に会社を辞めたいと思ってしまったときの判断基準にもなり得ます。

 

どこの会社でも不満があるということがわかる

これが転職をした方が良い、一番の理由かもしれません。

サラリーマンをしていると、定期的に勤務している会社への不満が募ってくるものです。

給与が安い、勤務時間が長い、オーナー企業でワンマンだ、組織が大きすぎて働いている実感がない。

本当に様々な不満が出てきます。

この不満を理由にして、一生懸命働くことを辞めてしまう人もいます。

どうせこんな会社なんだから、適当に働いた方がマシだと。

一度転職をしてみるとわかります。

どこの会社に行っても、不満な点はあると。

理想だと思っていた会社に転職することができても、不満に感じる事は出てしまうと。

だこらこそ、不満を理由にしてモチベーションを下げていたら切りがないと思うようになるのです。

ある意味割り切って働くことができるのです。

 

これからは転職が当たり前の世の中になるから

今でも転職をすることは普通のことですが、これから先、1つの会社で定年まで働くことができる人というのは、殆どいなくなるのではないでしょうか。

技術革新によって、自分が持っている技術が不要になったり、会社自体が無くなってしまったり、場合によっては業界全体が消滅してしまうという事もありえるでしょう。

そんな中、転職をすることに躊躇がない転職経験者と、1つの会社でじっとしている事を良しとしてきた人とでは、与えられるダメージが大きく違ってきます。

また、ある程度の歳になって初めての転職活動をしているというような人は、変化することを恐れる人だというイメージを持たれてしまいます。

これは転職市場では不利に働いてしまうでしょう。

 

私自身二度の転職を経験しています。

もちろん転職活動によってバラ色の人生が訪れたとは言えません。

それでも、二度の転職活動によって自分を知り、社会を知ることができました。

これから先、三度目の転職活動をせざるを得なくなってしまった場合、簡単に決まるほど自分の市場価値が高くないことはわかります。

一方で、経験上、何とかなるかなという気持ちもあります。

それがわかっているから、会社にしがみつくような働き方をせずに、思う存分働けているのだなと思います。

二度の転職活動は自分にとって大いにプラスになっているのです。