読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

年末に嫌な本と出会ってしまったという話〜エゴを抑える技術

サラリーマンとして働き続けて約20年になります。

良い時も悪い時もそれなりに経験をしてきました。

良い評価を受けたり、到底満足することができない評価を受けたりという事もありました。

そんな20年のサラリーマン人生の中で、一番良い仕事ができて、かつそれが評価に繋がったのが20代の後半、大手企業の企画部署に在籍していた時です。

完全に捨て駒のような、マイナーな商品の販促を担当していたとはいえ、憧れだった企画部署に配属されたということもあり、必死で企画を考えました。

ただ黙々とデータを分析し、各拠点の営業マンがその商品を販売してくれるようにするには、どうすれば良いのかをいつも考えていました。

成果は目に見える位にしっかりと現れ、当時尊敬していた上司からの賞賛を得ることもできました。

 

20年を振り返ると、それ以降で心の底から満足できたという仕事はなかったような気がします。

当時以上に知識や経験を蓄えてきましたし、何よりも仕事へのスピード感や効率性は格段に上がっています。

それなのに満足ができる仕事ができない。どうしてなのでしょうか。

年末、その答えがわかるような本に出会いました。

エゴを抑える技術

エゴを抑える技術

 

 

30代になり職場を変えてからの自分は、いかに評価をされるか、そして超大手企業にいた頃よりも成功するにはどうすれば良いのか。

そんなことが働く事のモチベーションの少なくはない要素になっていたような気がします。

この本によるところの”エゴ”です。

そもそも、大手企業を退社するきっかけとなったのも、このエゴが原因でした。

同期よりも評価されていない。出世ラインから外れている。

そんな思いが爆発しての転職でした。

 

この本には、過剰なエゴにより失敗した人達や、逆にエゴを抑えることにより成功した人達のエピソードが沢山登場します。

読み進めていく内に胸が苦しくなりました。

いつも大言壮語を吐いては、結局行動に移すことができない、そして中庸なサラリーマンとして飲み会では会社や上司を口汚く罵る。

そんな自分の輪郭がどんどんはっきりしてくるのです。

 

「くだらない無駄話は、実のある話を先取りしてしまう。頭の中にある考えを軽率に口にすると、行動に移す力が弱まってしまうのだ」

 

「自分に自信がある強い人間にとっては、沈黙こそが息抜きになるのだ」

 

サラリーマン人生の中で、心からその仕事ぶりを尊敬できる人が少なからずいました。

そんな人達は大抵、黙々とやるべき仕事に取り組んでいる人達でした。

思い返すと、自分のように大言壮語を吐いたりする人の中には、その仕事ぶりを尊敬できる人は見つかりません。

 

この本では、過剰なエゴが生きていく上で障害となることや、そのエゴを抑えるための技術として、謙虚になる必要があることや、本当にやるべき仕事に打ち込まなければならないというような事が書かれています。

 

年末にとても嫌な本に出会ってしまいました。

この本に書かれている、自分にとっては耳が痛くなるような言葉をこれからずっと読み返さなければなりません。

この本に書いていることが自分の血となり肉となった時、自分にとって幸せと安息が訪れるような気がします。