世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

Amazon依存に拍車がかかってAmazonプライム会員になった北海道のサラリーマン

 

Amazonプライム会員の肝と言えば、お急ぎ便が無料で当日配達をバンバン利用できるというものでしょう。

CMでも犬にライオンのタテガミを買ったり、ポニーにフラフープを買ったりしていますよね。そしてすぐ届いていますよね。

でもこれ、自分が住む北海道でもバンバンCMが流れていますけれど、北海道では当日配達なんて受けることが当然できません。

当日配達どころか、翌日も無理です(2016年現在)。

基本的には中1日必要となってしまいます。

当然でしょう、北海道の場合は本州から翌日着で届かせるためには飛行機を利用する必要があるのですから、そのコストたるや。

それで、自分はこんな記事を過去に書いた次第です。

kowalski22.hatenablog.com

 

 

Amazonプライム会員ならない3つの理由・・。

とか書いておきながら、今ではすっかりAmazonプライム会員です。

相変わらず北海道でお急ぎ便を利用することはできないけれど、月300円程度は十分に元が取れています。

 

まず大きいのが配送料が無料。昔はプライム会員ではなくても配送料が無料でしたが、今では2000円以上購入しないと無料になりません。

これが金額に関わらず無料になるのは大きいです。

2000円にしようと思って余計なものを購入せずにすむようになりました。

昔通りに気軽にポチポチクリックして購入できます。

Amazon依存に戻ってしまいました。

 

次にプライムビデオが中々楽しめるというのが大きいです。

前はそれほど惹かれるラインナップではありませんでしたが、今では、ちょっと見てみようかなと言うもの、いや、テレビを見るのを辞めてプライムビデオを見ようという気になるラインナップです。

 更に今ではここでしか見られない、オリジナルで話題になっている番組まで。

 自分のようにそこまで、バラエティや映画に拘りがない人間にとっては、今のAmazonプライムビデオのラインナップがあれば十分楽しめます。

月に1本は見るでしょうし、これからの年末年始は大活躍する兆しが見えます。

 

 

他にもプライムMusicがアプリとして使いやすいだとかAmazonプライム会員になってよかったなという点は色々あります。

ただ、最後に思うのは、今一番斬新なサービスが期待できる企業のサポーターになれるという点のような気がします。

AmazondダッシュやAmazon go。こんな革新的なサービスが出てくるような会社の特別会員になっているというのは、なんとなくですが偶像崇拝的にワクワクしてしまいます。

 

今なら強く言えます。Amazon依存の私はAmazonプライム会員になってますます依存に拍車がかかった。それでも最高に楽しいと。