読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

空気を読むのやめて残業をしなくなったサラリーマンに何が起きたのか。

職場で空気を読むことをやめて、無駄な残業をしないようになって数年が経とうとしています。

それまでは一般的なサラリーマンのように、やることがなくても、定時で退社することなどはなく、なんとなく、そして絶対に効果があがるわけがない営業先リストなどを作っては消し、作っては消しを繰り返していたりしました。

一体、それまで何時間、いや何百、何千の時間を無駄にしてきたことでしょうか。

 

一転。数年前からやることがない日はさくっと帰るようになりました。

さくっと帰るようになった結果、一体何が変わったのでしょうか。

 

評価があがった。

 

空気を読まずに、上司に付き合わずに残業をしないと評価が下がってしまうように感じるかもしれません。

自分もそう思っていました。

しかし結果は反対に働きます。人事評価は今までよくなり、素早く昇進につながるのです。

残業をしないよう働くことによりスピード感が上がった事が大きいと感じます。

仕事にスピード感があるので、クライアントや社内に対してもレスポンスの良い対応を行えるようになったのです。

これが結果として出たのが大きかったでしょう。

残業をしているかどうかだけで評価が変わる時代ではないのでしょう。

むしろ残業をしないほうが、会社にとっては支出が減りますので、同じ結果を出すのであれば生産性が高いということになるのでしょう。

 

また、人事評価以外でも周囲からの評価も高まったような気がします。

高まったというか、周囲と差別化できて目立つようになったという感じです。

全く残業をせずに仕事を終わらせる

そんなキャラが確立してきて、仕事が早い人みたいなイメージが定着してきました。

なんでも良いからキャラが立つのは良いですね。

 

残業をしなくても、やることをやっていれば評価はついてくるということです。

むしろ残業をしないで帰るのだから、結果を出さないと何を言われるかわからないというプレッシャーからか鬼気迫る迫力のある仕事ができるようになる気もします。

 

残業しない覚悟で仕事に取り組んでみるのも良いでしょう。

ちきりんの新作に書いてあった、「制約をもうける事によって効率的な働き方を考えることに繋がる」というやり方に近いのかもしれません。

 

残業をしないことによって、家族との時間を確保できるようになり、十分な睡眠をとることができるようになり、その睡眠が健康や、明日の仕事に繋がるというスコブル良い循環が確立されてきました。

 

ノー残業は人生の質を高めますよ。

 

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう