世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

仕事上手はインフルエンザの予防接種を受けているし、風邪もひかないという話

仕事の邪魔になる三大悪。

電話、睡眠不足、そして最後に挙げられるのが風邪です。

電話や睡眠不足については最近語られることも増えてきました。

しかし、風邪については以外と触れられません。

しょうがないこととされているのでしょうか。

 

風邪を引いてしまった場合の果てしなく産まれる、仕事上でのロスに思いを馳せてください。

平気で自分の稼働を3日程度は奪っていきます。

自分が稼働できないとうことは、当然他人の稼働が増えます。

自分の仕事をするために他人が残業をすることもあり得るでしょう。

仮に仕事を休むこと無く働き続けたとしても、あのダルさの中で通常通りのパフォーマンスを仕事場で繰り広げられるとは到底思いません。

 

風邪の予防も仕事の1つで言えるのではないでしょうか。

その最たるものと言えるのが、インフルエンザの予防接種でしょう。

まずここから、できることから初めましょう。

1回3000円程度の出費にはなりますが、あのダルさがそれで回避することができる可能性があるというのなら、全く問題はないのではないでしょうか。

 

予防接種を済ませたら、手洗いうがいの徹底です。

手からいい匂いがしてきますので、意外と楽しいものです。

 

最後は、徹底した睡眠。

全ての人生は睡眠につながっていくと思っているほどに最近は睡眠信者なのですが、実感として睡眠をしっかりとるようになってからは、風邪を引きにくくなったと感じています。

 

先手を打って仕事に追われることなかれ。

多くの諸先輩達が言い残してきた言葉です。

先手を打って風邪を引かないようにしようではありませんか。