読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

天皇賞秋を楽しんだ。競馬を辞めて競馬を楽しめるようになった。今は外人を買うターン。

地元北海道の日本ハムファイターズが空気を読まずに、第6戦で日本シリーズをものにしてしまった。

黒田対大谷、日曜日はこれだけでご飯とお酒が進むと思っていたのに。

そんなアドレナリンのやり場をなくしていた日曜日、天皇賞(秋)が開催される。

天皇賞(秋)春の天皇賞ほどではないけれど、比較的得意なレースだった。

 

競馬からは一定の距離をおけている。

宝塚記念のあと、馬券を購入したのは多分1回か2回。

それも2000円程度で、札幌記念アイビスサマーダッシュは無事に通過することができた。

テレビで競馬中継を見ることはあるが、馬券を買わずにのんびり見ている感じ。

 

天皇賞。妻も犬たちも寝ているので、2000円だけ購入することにした。

2ちゃんなんかで情報を集めていると、今はどう考えても外国人の模様。

競馬から少し距離を置くことで、そんな情報も比較的素直に受け入れることができた。

だからリアルスティールを買うことができた。

当然モーリスも。

 

で、これは昔から思っていたことだけれど、人気の武豊は疑え。

この考えではキタサンブラックは買えないんだけれど、今回はキタサンブラックはいないので問題なし。

と、前走不利のある馬。やっぱりこれが美味しい。

 

はあ。

 

久々の的中は気持ちが良かった。しかし的中したのはワイド。

金額も2000円が6000円になったくらい。これ、桁が1つ大きかったらまた興奮の坩堝で、競馬熱が盛り返していたかもしれない。

来週は苦手な牝馬の祭典、エリザベス女王杯

静観、もしくは予算1000円。

 

少額でも競馬を楽しめるようになったのは大きい。

競馬で儲けるなんて夢みたいなことは考えないで、1000円、2000円で楽しむ。

それも毎週ではなく、できればビックレース。

このスタンスは崩さないようにいきたい。

 

そして、今年もやっぱり基本は外国人騎手を中心に買い、武豊や横山ノリの評価は限りなく落として置いたほうが良いということ。

 

残りのG1ものんびり楽しもう。