世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

大歓迎!健康保険証だけではお金が借りられなくなった!

健康保険証、外出先での急病や怪我に備えて、常に携帯していたいと考えていたのですが、恐ろしくてできませんでした。

落としてしまった場合に、拾った人が健康保険証でお金を借りることができたからです。

運転免許を持っていない妻などは、身分証明書として常に健康保険証を持って歩きたがるのですが、なんとかやめてくれとお願いしていました。

f:id:kowalski22:20161013064213j:plain

そんな折に朗報です。

クレジットカードの契約締結や、銀行口座の開設が健康保険証など写真付きの身分証明書だけではできなくなったのです。

写真なしの身分証明書の場合は、住民票なども一緒に提出しないと契約が締結できないのです。

これで万が一健康保険証を落としても、すぐに借金をされるようなことは起こりにくいでしょう。

www.gov-online.go.jp

 

従来の、運転免許証などは書類プラス顔での二段階認証が行われていたのに、保険証は認証が1回のみでしたから、今回の対応は当然と言えば当然なのでしょう。

 

闇金業者などが犯罪用に口座を簡単に作れなくするのが目的のようですが、一般人にとってもメリットのある改正なのでしょう。

 

運転免許証やパスポートなどの写真付きの身分証明書を持っていない人はどうすれば良いのでしょうか。

やはりマイナンバーカードを作成しておくのが良いでしょう。

今のままでは、すぐに用意することができる身分証明書を持っていないということになりますから、やはり不便でしょう。

ただ、マイナンバーカードを作成するには未だ半年程度かかっている自治体もあるようなので、そこがネックですね。

早目に申請して気長に待つと良いかもしれません。

 

これでようやく健康保険証を携帯して外出することができます。

ちょっと時間が空いた時に歯医者に寄ったり、耳鼻科に行ったりできますので、予防医療の点からの今回の法改正は抜群のメリットがありますね。

 

久々に嬉しい法改正でした。