世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

40代はプロ野球クライマックスシリーズを絶対見た方が良い!

今更だけどプロ野球クライマックスシリーズにハマっています。

巨人の試合なんて、5年ぶりくらいに見ました。

当然知らない選手だらけです。

 

それでもベイスターズの圧倒的な四番に巨人のピッチャーが立ち向かい、三球三振に仕留める様などは盛り上がりますね。

 

これ、広島の黒田や日ハムの大谷などの有名人が出てくるセカンドステージは盛り上がること必至ですね。

 

さて、クライマックスシリーズは何故ここまで面白いのでしょう。

 

一定の年齢までの男性、おそらく40代までの男性にとって、野球は避けて通れないものでした。

遊びと言えば野球で、スポーツと言えば野球で、テレビでも月曜以外は毎日野球がやっていました。

娯楽も野球なのです。

 

ある一定の時期に、野球が日本全体を支配していた時期に物心がついた40代男性には、好き嫌いとは別に、野球の血が流れているのです。

 

スマホの登場によって、野球のように長時間にわたって時間を占有するコンテンツからは距離を置くようになったという人も増えたでしょう。

当然の流れです。

毎日2時間占有されて、結果が出るまで一年もかかるのです。

野球離れも当然です。

 

しかしクライマックスシリーズは短期決戦です。

セカンドステージでも5日もあれば決着がつきます。

しかも、高校野球と同じがけっぷちの戦い。

物心と同時に身につけた野球リテラシーが放ってはおかないのは当然のことでしょう。

 

さらに40代は仕事でのポジション上、プレイヤーにも監督にも感情移入できるのも大きいかもしれませんね。

 

なんだかんだ自分は、サッカー見るよりも野球だなあと、今回のクライマックスシリーズを見ていてしみじみ思いますね。

これを機に、今一度野球をしっかり楽しんでみたいと思います。

 

ファミスタとかスマホゲームでないのでしょうか。

あれで大分選手への理解が深まるんですよね。