サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

お酒、格好悪いという風潮〜脱アルコールの世界が近づいてきた

朝5時に起きて久々に2chを除いてみました。嘘です。久々というのは。

そこで目に止まったのが以下のスレッド。

「最近タバコよりも酒の方が害悪な気がしてきた・・・・」

 

お酒との距離を置き始めた自分にとってはまさにタイムリーなスレ、

ちなみに今日お酒を飲まなかったら1週間の禁酒に成功したことになります。

1週間前は35歳の女の子に接客されてつつ一人2万円分も飲んでしまいました。

 

2chに記載されていたのはこんな意見。

酒飲んで暴れる奴はいるがタバコ吸って暴れるやつはいない

ごもっとも。

酒は大麻以上のドラック 常識

最近まで自覚していませんでした。申し訳ありません

酒は明らかにドラックだよな

規定の場所以外での飲酒は禁止すべきだと思うわ

確かに、ハードルが上がると、飲みに行くの面倒で朝から晩まで飲むということはなくなりそうです。あまりよくないことをしているという背徳感を覚えるのも良いかと思います。

酒のせいで家庭崩壊している事案多すぎだと思われ

いわゆるアルコール依存な

俺の家もアルコールのせいで人生狂ったし

酒さえなければ家族それなりに生きてたかもしれん 

 これですよね。タバコは人に迷惑をかけることこの上ないけれど、お酒のそれと比べると実は大した話しではないような気がします。

もちろん副流煙の肺がん問題は大した話しですけれど、お酒はあらゆる危険を人生に招きこんでくる厄介ものになりえます。

な?俺がずっと前から言ってただろ

ヤニカス対峙が終わったら次のターゲットはサケカスだと 

 確かにこういう側面もあります。世の中が進んで合理的になってくると、合理的ではないことへの風当たりが強くなってくるのかもしれません。

お酒を飲んだ時のふわふわ感は確かに快感なのですが、お酒なしを続けた時の快適さも中々です。

人生の中で多くの人が楽しかったという子供時代にお酒なんてありませんでしたしね。

 

お酒狩りがそう遠くない時代にはじまる予感もしますね。

まずはサラリーマン以外の経営者やフリーランスからはじまって、徐々にサラリーマンへと進み、最後は今もタバコを吸っているような層だけがお酒を飲むようになるのかもしれませんね。

 

 高城剛氏の本にもスモークフリー&脱アルコールについての記載があるようですね。

さすが。医療費の抑制のためにもヨーロッパを中心にその方向へ進んでいるとか。

日本に住み続けているとわからないような視点を持ってきてくれるから助かりますね。

 

2035年の世界

2035年の世界

 

 

・・・・・。

でも、お酒。飲むと楽しいですよね・・。

1週間禁酒してもまだそう思ってしまう。やっぱり麻薬なんだろうなあ。

 

でも、お酒を飲まないとかなりの確率で気持ちの良い朝を迎えられるのです。

この快感もお酒のそれとは少し違うけれど、忘れられない快感です。

この朝の快感を忘れないようにしたいものですね。