世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

早くも在庫切れ 任天堂のミニファミコンは圧倒的に”買い”〜メトロイドもできる?

SNSでその姿が流れてきた時は、正直ピンとこなかったのが「ニンテンドークラシック ミニファミリーコンピューター」。

その後のSNS上での盛り上がりを見ると、そしてミニファミコンに搭載されるゲームのラインナップを見ていると、奥さんに相談をして即Amazonへ飛びました。

 

まさかの在庫切れ

 

ミニファミコンの何が凄い?

コスパが良すぎるのではないでしょうか。

30本のゲームが入っていて、約6000円です。

1本あたり200円で楽しめるのです。一ヶ月に1つのゲームをやりこんだとしても、全て遊び終わるのには2年以上かかるのですから。

昔は1本のゲームで5000円位でしたからね。

テストで80点以上取ったら、1本買ってとか言っていて、父親には申し訳ないことをしました。80点て・・・。

ミニファミコンでお勧めのゲームは?

そのラインナップが異常に興味を引き立てるミニファミコンですが、その中でも特にお勧めというゲームが幾つかあります。

www.nintendo.co.jp

上記ニュースリリースにラインナップが掲載されていますので、括目してください。

まずは当然ながらというお勧めは、1984年に発売された初期のゲームです。

マリオブラザーズエキサイトバイクは、今でも手がゲームを覚えているような気がします。

結局ここからポケモンgoまで、ゲームって根本的な進化ができていないのかなという感じさえする、優れたシステムです。

ロックやポップミュージックの60年代後半や、ビートルズにあたるような感じでしょうか。

今プレイしても楽しいことは間違いないでしょう。

 

次にお勧めなのがディスクシステムで発売されていたゲーム達です。

ファミコンスーパーファミコンの間に登場したプチヒットしたゲーム機です。

ファミコンとセットで楽しむということ、それなりに高価だったこともあり、当時は変えなかった人も多いのではないでしょうか。

そのディスクシステムで発売されていたゲームが楽しめるのです。

 ミニファミコンにはディスクシステムの代表作と言っても過言ではない3本が収録されています。

悪魔城ドラキュラメトロイドゼルダの伝説

ファミコンソフトからは少し大人びた、現代のゲームに近づいてきた感がある3本です。

このメトロイドこそが、テストで80点を取ることによって、買ってもらうことができたゲームでした。

 

コミュニケーションの潤滑油としてのミニファミコン

ミニファミコンが何よりもおすすめできる理由は、コミュニケーションがヌルヌルと円滑になるからです。

例えば独身の男性、発売当初はミニファミコンがあると言えば、用意に女の子を家に招くことができるでしょう。

そして、さして面白みのない自分でも、強烈なホスピタリティーを発揮することができるでしょう。ミニファミコンのおかげで。

親戚の子供が遊びに来たときもそう。スマホゲームだと一緒に遊ぶことが難しいのですが、ファミコンなら親戚一同わいわいできます。

 

 

とにもかくにもミニファミコンは買いです。

早く市場に在庫が投入されることを切に待ちます。