サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

アルコール依存症の疑いがあるので悩んでいます

ほどほどに飲んでいたつもりが、どうにも飲み方がひどくなってきました。

以下に問題点を挙げてみます。

 

飲んで記憶を頻繁になくす

外で飲んだ翌朝、前日にどうやって家へ帰ったのか記憶がないとうことが頻発するようになりました。

飲み会の後半は殆ど記憶がありません。

ブラックアウトというやつでしょう。脳の短期記憶を司る、海馬がやられているのです。

これ、ようく考えると恐ろしい。今その瞬間のことさえ頭にとどめておくことができないのですから。

 

休日は必ず昼からお酒を飲む

休日のお昼にお酒を飲むのがこの上ない楽しみになっています。

ですから、基本的に予定は午前中の内に終わらせようと努力します。

午前中に予定が終わらず、車の運転などが控えていると、イライラしてくるのです。

ようく考えると恐ろしいですよね。

これに付き合わされる家族。せっかくの休日も午前中しか家族で楽しめないなんて。

 

飲み過ぎた翌日に憂鬱になる

飲み過ぎた翌日、仕事の効率もガツンと下がってしまい、後悔の気持ちからか憂鬱になってしまいます。

もう、あんな過度の飲酒は控えようと、ただひたすら後悔の念にさいなまれるのです。

 

飲み過ぎた次の日に背中が痛くなる

・・・・・・・・・・・

 

最後に

本格的によくないなと感じています。

アルコールの怖さは高校生の時に読んだ中島らもの小説で十分に知っているつもりですが、まだまだ考えが甘いのでしょう。
とりあえず昨日は禁酒をすることができました。

帰ってから欲した喉越しは炭酸水でしのぎました。

 

アサヒ ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

アサヒ ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

 

 ガツンとくる感じ、刺激はいがいと仕事のスイッチをオフにしてくれる効果がありました。

これからはできるだけ禁酒や減酒のモチベーションを上げるために、お酒のやめ方などについて研究して、このブログにも記載していこうかと考えています。

 

 中島らもの壮絶アルコール依存小説です。

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)