サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

日ハムの新球場はどう考えても北大構内にするべき

 

札幌のドームの利用料金が高くて、自前で球場を持つ構想があると言われている日ハム。

候補地として上がっているのが以下の地域。

 

◯北広島

遠くて平日に見に行く気がなくなってしまうのでやめてください。

 

手稲稲積

地下鉄伸びてないから行くのが面倒です。便乗して地下鉄延ばそとしているようだけれど、球場建てて、地下鉄伸ばしてだとお金がかかりすぎ。

 

真駒内公園

これはありかもしれないけれど、目新しいことが感じられないですね。

近隣の雰囲気がぐっと変わる可能性はあるけれど。

 

◯北大構内

絶対ここにするべき。札幌の雰囲気がぐっと変わる。

会社早く終わったから、野球見ながらビール飲もうとかそんな会話が出てくる。

札幌駅周辺に人の賑わいが創出されて、行くだけで楽しい雰囲気を味わうことができる街になります。

観光客もその人の多さに興奮するのではないでしょうか。

f:id:kowalski22:20160918161327j:plain

 

 

観光都市札幌が一気に開花するためにも、日ハムの新球場は北大構内にするべきなのです。

 

もし北大構内に球場ができたのなら、札幌競馬場と北大の間がとんでもなく賑わうのではないでしょうか。

札幌駅から近いのに、どこか地味な印象のある桑園地区が一気に花開く可能性があります。

桑園が花開けば、そこから一気に琴似にも賑わいが波及する可能性があります。

琴似まで波及すれば・・・。

あとは無限連鎖です。

戦略的に考えると、どのように考えても北大ですね。日ハムが次に進むべき道は。

 

札幌駅で買い物をして、ちょっと野球を見て、また札幌駅に戻ってご飯を食べて家に帰るなんて、中々粋な休日の過ごし方ではないでしょうか。

福住の札幌ドームだと、野球を見に行くというそれだけが目的になってしまいますからね。

 

梅雨のない北海道ですから、ドームではなく、天然芝のトリッキーな球場などいかがでしょうか。

そこで月替りで北海道が誇る各地の駅弁などを売ってみてはいかがでしょうか。

1月は北見の焼肉、2月はラッキーピエロ、3月は白老牛に、4月は森のイカ飯。

しかもこれがオータムフェストよさこいソーランなんかとかぶったら、とんでもない熱狂が産まれるのではないでしょうか。

 

もし北大構内に日ハムが来たら、野球や日ハムをおかずにして、札幌は猛烈に進化していくのが目に見えています。

想像してみたらワクワクしてきますよね。

できれば大谷がいる間に実現して欲しいのですが、さすがに無理でしょうか。

会社帰りにちょっと大谷を見て帰る。

そんな日常が訪れると札幌は爆発すると思いますが、皆さんはどう思いますか?