読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

ジェットコースターを克服するたった2つのちょっとしたコツ

 

3連休がスタートした土曜日の朝、晴れ渡る朝陽と共に珍しく妻が早起きして放った言葉は、ルスツに行きたい。

ルストというのは北海道で唯一とも言える本格派遊園地。

無類の絶叫マシン好きの妻が、日常の会話の端々で口にしていたのを常に聞き流していた。

ルスツに行きたい。

起床と同時に言うくらいだから、いよいよ本気なのだろう。

無視するわけには行かない。

 

札幌から車で約2時間。

途中で通る中山峠名物の”あげいも”もスルー。

5分ほど並んでチケットを購入後に早速ルスツリゾートへ入場。

と同時にハリケーンなる乗り物に連行される。

足がぶらぶらの状態で猛スピードでぐるぐるまわる。

もう後悔しかない。来たことに激しい後悔しかない。

 

続けて色々乗った。いや、乗らされた。物凄い勢いで上で空高く登っていく

スペースショットや、後ろ乗りにのジェットコースターなど。

正直待機していようかという気持ちにもなったが、妻のルスツを楽しむという空気を壊したくなかったのと、苦手なものを減らしたいという思いでひたすら乗り続けた。

 

垂直に落下するフリーフォール。これに乗るのは20年ぶりくらいだろうか。

頂上までジリジリと上がって、落ちる瞬間。この日最高の緊張感を味わい、図らずもそこでわかったジェットコースターや絶叫マシンを克服するコツ。

f:id:kowalski22:20161002131347j:plain

 

 

これに尽きる。絶叫マシンというくらいなのだから、叫んでなんぼ。フリーフォールで思わず出た雄叫び。ぐっと楽になった。

それから先に乗る乗り物全て叫んでみたら楽しかった。

ウォー、うひょー、ッフぉショー。

ぐっと黙っていると本当に辛いから、絶叫マシンが苦手な人はまず叫んでみると良い。

 

その2力を抜く。

もちかして落ちてしまうんじゃないかという気分になって、ついつい身体に力がはってしまう。

でも、あの圧倒的な圧力の中で力を入れているのは非常に疲れる。特に精神的に。

だからもう、落ちることはないと信じて力を抜く。身体が浮いてしまったら、もうそのまま楽しむ。

ちょっと頭が揺れてムチ打ち気味になるのが怖いけれど、絶対落ちないのだからマシンに身を任せよう。

 

40歳超えて苦手なものを一つ克服できた喜びたるや。

結局あんなに怖かったスペースショットも3回乗るほどウキウキ。

あの高さから見る北海道の大自然は目眩がするほど美しかった。

 

今日得た教訓。

絶叫マシンには逆らわず、大きな声を出して、身を任せる。

素晴らしい連休のスタートを切ることができたなと自画自賛。