世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

音声コンテンツが熱い!AmazonのAudible(オーディブル)・オーディオブックを体験してみたよ

f:id:kowalski22:20180511055208j:plain

 

ひょんなことからAmazonのプライム会員を楽しんでいます。

主な楽しみ方としては、プライムビデオと送料無料でしょう。

これだけでも月300円ちょい払う価値はあります。

 

AmazonのAudibleを体験してみた

それだけでも十分なんだけれど、Amazonプライム会員が享受できるキャンペーンサービスに昨日出会いました。

オーディブルというオーディオブックが3ヶ月間無料で体験できるのです。

しかも1,000ポイントまでつく。

これ、普通に考えると登録して2日位でやめて1,000のAmazonポイントをゲットという話なるでしょう。

そんな事はAmazonも重々承知。では何故こんなキャンペーンをやるのでしょう。

 

1回体験させてみれば、一定数の指示は得られるとわかっているからなのでしょう。

実際今日はじめて体験しました。

試したのはこの本。

 

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

 

 冒頭でホリエモン本人が朗読しだしてどうなることやと思ったのが正直なところ。

まえがきを終えてプロのナレーターが語りだすと一気に世界観が広がります。

本人の語りよりもはるかに。

 

使ってみての感想。

むちゃくちゃ便利。

 

営業車の中で移動中に使ったのだけれど、運転しながらTwitterとか止めれるし、車の中だけで今日は1時間近くこの本を聴くことができました。

基本、両手が塞がるような、通勤途中やランニング中なんかも向いているのかもしれないですね。

 

ただ、やっぱり読むのが遅い。2時間位で本なら読み終えている所が、オーディオブックだとまだ中盤という感じ。

それでも、朗読速度を1.5倍にするなどの工夫で、上手くいくと活字を読むより記憶への定着が良いのかもしれません。

 

 

iPhoneによって脚光を浴びる音声コンテンツ

AmazonのAudibleもそうですが、ポッドキャストだったり、Vicyだったりと最近は音声系のサービスが充実してきているように感じます。

radikoもあります。

スマホの普及によって、聴くことが身近になり、音声コンテンツにも光が差してきているのかもしれません。

 

最近では歩きながら、必ず何かしらの音声コンテンツを聞いているような気がします。

心が休まるタイミングがないとうのが、少し悩みどころでもありますが、楽しいことに囲まれているのは幸せです。