サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

都知事選がクソみたいに盛り上がってきた。それは小池百合子のおかげ。

うまい。

 このタイミングで東京大改革。

そのタイミングの良さは、あのクレバーなちきりんもうなる。

 

そしてホリエモンも気分が上がる。 

 

小池百合子には東京大改革ができるポテンシャルがあると思う。

彼女は実際に日本のスタイルを変えた経験があるから。

今、サラリーマンがネクタイをしないでも、この糞熱い中ネクタイをしないでも済むのは彼女のおかげだ。

そう、クールビスを浸透させたのは小池百合子だ。

 

男のサラリーマン社会で飼いならされつつのし上がって来た人では絶対に無理だったであろう。クールビス。

女性ならではの合理的、悪く言うと短絡的で空気を読まないというスタイルだからこそ成功した大改革。

そんな大改革をゆるりと成し遂げた彼女であれば、またゆるりと東京を改革してくれるだろうと思ってしまう。

 

そもそも東京オリンピック、そんな時に自分立ちの代表となってくれる人は、やっぱりそれなりに見栄えがして欲しいよね。

やっぱり美人だし、名前まで綺麗。

 

小池百合子は結婚していないようだから、異性関係のトラブルは回避できそう。

後は政治資金規正法絡みをどう突破してくれるかだなあ。

 

今日で選挙は終わった感じもするけれど、本当の選挙の醍醐味はここからの2週間。

どうにかして小池百合子に勝って欲しい。

だから石田純一は大人しくしていて欲しいし、宇都宮健児も、もう歳なんだから邪魔をしないで欲しい。

 

今回の都知事選は自民対小池百合子

この真っ向勝負が見たい。

この都知事選はこれからの日本がどうなるか。

軽やかにダンスできる世の中になるのか。

格好良い国になれるのかどうかの分岐点だと思う。