読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

セブンイレブンのオーナーになるということ。

アラフォー仕事ごと
我が家の側にセブンイレブンができた。
それまでの最寄りのコンビニはセイコーマートで、次がローソン。
だからセブンイレブンが最寄りにできるとわかったその日は、盆と正月が一緒にきたような。そんな喜び様だった。

オープン日に駆けつけた。
妻にいたっては餅まきにも参加した。
オープン後の週末はお店の前にテーブルが出ていたりして、たいそうな賑わいだった。
テーブルの上に何があったのか、ひょっとして何もなかったのか、それは覚えていないけれど。

様子がおかしいなと思ったのは、開店から数週間が過ぎた週末だった。
客がまばらな店内には、ドス黒いかおをした1人の男がウロウロしていた。
オーナーだ。

オープンの日、髪には沢山のジェルを練りこんで、輝かしい一歩を踏み出した興奮で瞳孔が開いていたオーナーだ。

明らかにこのセブンイレブンは立地が悪い。
片側一車線しかない小さな通り、それも住宅街。そこに面している。

オープンした日の喧騒をもう一度取り戻すことはあるのだろうか。

そのセブンイレブンのひっそりとした駐車場でサボりながら思う。
サラリーマンも悪くないなと。