サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

父の日には格安スマホをプレゼントした経験者は語る

父の日が近づいてきた。

ふらふらとして、心配をかけ続けた父には感謝してもしきれない。

と、言いつつも殆ど父の日にプレゼントをしたような経験もなく、たまに渡したとしても父はまったくそのプレゼントを気に入らないという。

しょうがないから焼酎をプレゼントするのが常。

 

ところで、我が家、正確に言うと我が実家にはインターネット環境がない。

自分が就職することになって家を出てからは、インターネット環境がないのである。かれこれ20年になる。

20年前のインターネット環境というとISDNなのだが。

今思うとそれはインターネット環境なのだろうか。なのだが。

両親は70歳を超えている。

当然二人共ガラケー使い。

メールのやりとりは若干できるが、人生のなかでインターネットという海に漕ぎだした事がないのである。

たまに実家に帰ると、自分のiPhoneを見ながら、興味津々にインターネットという果てしない航海について質問をしてくる。

興味はあるのだろう。そう、ずっと思っていた。

 

2年前の父の日にSIMフリースマホをプレゼントした。

本当に安くて使いづらいAndroid端末にiijmoの月1,000プランを挿して、設定してプレゼントした。

端末代が約2万円。

IIJmioの月々の支払が1,000円。

 

むちゃくちゃ喜んでくれた。

父親があれだけ喜ぶ姿をはじめて見た。

文字打ちもできない父親には音声検索の仕方を教えた。

あれやこれやと語りかけては、日経新聞のサイトなんかを見て楽しそうにしている。

 

父の日には格安スマホがお勧め。

もしプレゼントして全く使われなければ、自分のサブ機として利用すればいいじゃないだろうか。

SIMは違約金なしで解約できるものを選べば良いのだし。

 

インターネットの海に父親を連れ出す事ができた以外に、後日わかった思わぬメリットもある。

SIMの通信量を専用サイトで、日々確認することができるということである。

数日間通信ゼロの時には、何かあったのだろうかと考えることができる。

実際にそんなことがあって、実家に何気なく顔を出してみたら、機内モードになっていて使えなかったというオチもあったのだけれど。

押し付けがましくもなく、両親の動向を探る手段としては、これからの時代に最適ではないだろうか。

 

それほどの投資でもないし、コミュニケーションも増えるので、父の日には格安スマホやSIMをプレゼントするのも悪く無いだろう。

 

 

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

 なんだかんだ安定しているような気がするMVNO

 

 

  このアタリがお手頃でしょうか。