世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

きんどう本が思いの外ストイックでそれでも夢を見ることができた。

印刷会社に勤務しているけれど、ここ1年9割はKindleで本を買っています。

会社の同僚は紙のぬくもりとか朝礼の場で話しているけれど、本当に本が好きで溢れるほどに買ってしまうような自分にはKindleがぴたり。

世の中から紙などなくなってしまえば良いと思ってしまいます。

紙などなくなった瞬間に自分の仕事もなくなるのが悩ましいのだけれど。

 

Kindleで本を買う時に参考にしているのが、@zokndきんどうさんのツイート。

Amazonの公式よりも情報が網羅されていて、ついついポチってしまいます。

 

きんどうさんがまさかKindle本を出しているなんてつゆ知らず。

きんどうさんからのツイートをきっかけに読んでみました。

まえがきで書かれていたとおりに1時間ちょいで読めました。

そして最大限にやる気が出るような本です。

 

WEBの世界で工夫をしながら一生懸命に営業を続けることで、楽しく食べていくことができるんだなあというのを体験から教えてくれる素晴らしい本。

明日から、いや今から何かやってみたいなってむずむずしてしまう素晴らしい本でした。これが99円て・・・。

 

ただ最近思うのが、今自由にWEBの世界を歩いている人達って、簡単なサイトならさくっと作れるスキルや経験を持っている人達だなあと。

ちょっと稼げるライターなんかにしてもそう。

ここがなんとも言えない気分。

 

それはさておき、若手サラリーマンなんかにはすこぶるお勧めのビジネス書です。

 

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話