サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

同じ会社に入って年収1,000万円と400万円。どうして。

 
某大手企業に入社した同期。
20年ぶり再会して年収の話になって、どうしようもない程に居心地の悪い空気が流れた。
 
一人の年収は1000万円でもう一人の年収は400万円だったのだ。
 
どうしてここまで差がついたのか。
1000万円の同期は、入社してから積極的に飲み会の幹事をやり、みんなのために尽くした。
400万円の同期は飲み会を欠席した。
 
1000万円の同期は転勤で過酷な職場に行っても文句も言わずに働いた。
400万円の同期は希望しない職場に配属され、文句タラタラで新しい可能性を探して会社を辞めた。
 
1000万円の同期はその忍耐と調整力によってどんどん出世した。
400万円の同期は忍耐がなく何度も会社を辞めるからいつまでも平社員。
 
もし、お仕事スキル検定のような物があったとしたのなら、400万円の同期の方が良い点数を取るだろう。
努力の量も同じくらいだろう。
400万円の当事者として勝手にそう思う。
 
余計な事を言わず我慢強く耐える。
 
日本でお金を稼ぐ一番の近道なのだろう。
 
サラリーマンとしてお金を稼ぐには出世するしかないのだから。
 
全ては忍耐。
 
微妙な空気で緩くなったビールを舐めながらぼんやり考えていた。
 
ああ。色々とうまく行かなかった事もあると。
 
 
 

もうしょうがないか・・・。