サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

名もなきライターさんのブログが時に素晴らしい

名もなきライターさんが書いている、はてなブログを読むようになって数ヶ月。
正直、少し人生が楽しくなった。

新聞記者になるのが夢だったほどに書く事が好きだった自分。
いつの間にか印刷会社で営業をやっている。
なぜだか勝手に書くことでお金を稼ぐなんて夢物語と思うようになっていた。

そんな自分が、月に数万円でも書くことでお金を稼ぐことができるようになった。
20年近くサラリーマンをやっていて、楽しい瞬間も確かにあった。
それでも、この数ヶ月クラウドソーシングで書いている時ほど楽しい瞬間はそうそうなかった。

名もなきライターさんには非常に感謝している。

最近みたブログで秀逸なものがあった。

稼ぐ方法を書くのは、全然うまくいってない人には、出来る範囲で手を差し伸べるのは人として当たり前だから。ショッピングセンターでベビーカーを押したお母さんが扉を開けるのに苦労していたら、代わりに開けてあげるのと同じだ。そりゃ誰でもやる大人の女性として当たり前のことだ。ドアを開けてあげて、金を取る奴はいない。いたら頭がおかしいだろう。
はあちゅうとかイケハヤに読ませたい。
最近のnoteのキモさを端的に理解させてくれる。
さすがや。
と、北海道人が関西弁を使いたくなる位に流石や。