世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

経沢香保子さんのおかげというか。経沢香保子さんは太陽か。

地中深くもぐっている年収400万円のサラリーマンが書いているブログなのですが、今朝起きたらいつもよりも激しいアクセス数でたじろいでいる。

激しいアクセス数と言っても、たかだか600とかなんだけど、これ、ヘタすると普段の10日分に値するので、事件と言えば事件だろう。

 

要因は何?

昨日は3連休の中日で愛犬をドックランに連れて行って、妻を美容室に送ったくらいでやることがなかった。

特に美容中の妻を待つ間はやることがなかった。

それで、4個ほどブログを書いてみた。

 

kowalski22.hatenablog.com

そのうちのこれがヒットしているのかと思った。

アスカのブログはもう、残念な感じが満載で、でもその残念さが心をウツというか、

アスカであの状態になるのなら、自分だったらどうなるんだろうっていう思いで6分で書いた。

ワイドショーなんかでも取り上げられていたので、これがたまたま検索に引っかかったのだろうと思っていた。

確かにこれも結構引っかかっていた。

けれども。

 

これだった。

ぐいぐいと行くのはこれだった。

 

kowalski22.hatenablog.com

多分ヨコシマな気分もあったのだろう。

ブログを書いた後珍しくブログをTwitterでシェアしてみた。

 確かに本は面白かった。

牛丼一杯我慢することで読めると考えるとかなりコスパは良い。

経沢さんがどれだけ凄いかわからない。

もしかすると、元気空回りで一緒に仕事すると面倒なタイプかもしれない。

美人だから権力者に好かれるし、男の同僚としては最悪なタイプかもしれない。

 

でも、リツイート。

彼女がリツイートしたらこれ。

辺境の地で休日の朝から酒を飲みながら書いているブログにまで人を集めてくる。

とんでもない力を感じる。

 

永江一石さんとかホリエモンとかがよく”ソーシャルで回す”と言っていた。

結局検索という刹那だろって思っていたのが正直なところなんだけれど、考え変わりました。

ソーシャルってすごい。

 

ソーシャルっていうか。

ほぼアル中の知らないサラリーマンのブログをこれだけの人に読ませる経沢さんの力に脱帽。

とんでもない信頼を勝ち得ている。

 

お金よりも信用ってよくホリエモンが言っていたけど、確かにそういう時代かもしれない。

 

これは彼女と今話題のはあちゅうがやっている”ちゅうつねカレッジ”なるものも覗いてみたくなる。

 

で、ヨコシマな気分でもう一度シェアしてみます。

 

以下最近読んだり読みかけの本

 

 

ストックビジネスの教科書

ストックビジネスの教科書

 

 これは意識したいです。

なんだかんだ土管ビジネスは最高です。 

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編
 

 かなり参考になります。

小規模ネットビジネスの教科書。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 ずーっと同じことを言っていますが、自分のように実践できない人は是非。

 

 で、御大の本。

 

経沢香保子の夢を叶える読書術

経沢香保子の夢を叶える読書術

 

 

 

 これは高いんだよなー。

でも読んでみようかな。