サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

二日酔いにならないお酒

 

サラリーマンになって転職を重ねる度にお酒の量が増えてきた。

独り身が長くて歳を重ねる毎にお酒の量が増えてきた。

独り身が終わって、結婚したらそれはそれでお酒の量が増えてきた。

お酒の量はずっと増え続けていて、正直アル中なのかなという気分でもある。

アル中はいかんと思いながらも、お酒は楽しいからまあ良いかと自分に言い訳をしながら過ごしている日々。

 

そんな日々の中で、一つだけ問題がある。

二日酔い。

楽しいお酒を飲んだ次の日の、あのだるさ。

仕事にもならないし、休日であればどんよりとした気持ちでただ一日が終わる。

それが嫌で最近は飲み会の途中から、楽しくお酒が飲めない・・・。

 

先日、古くからの友人との飲み会。

ウィスキーを勧められた。

ちょっと正露丸的な味がして、それがくせになる好みの味だった。

2杯3杯と進みたかったのだけれど、次の日は仕事。

もう遠慮しようかとした刹那。

”このお酒は絶対に二日酔いにならないよ”との一言。

 

適当に言っているだけなのだろう。

でも、あえてその言葉に乗って飲み続けた。

後悔は次の日に渡すことにして・・・。

 

翌朝、まったくの後悔がない。

すきっとした目覚め。

仕事に支障もない。

確かに二日酔いにならない。

はじめて知ったが幻のお酒。

 

ボウモア