サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

北海道高校ラグビーで快挙 日本代表マイケル・リーチの母校を進学校ラ・サールが破って花園へ

 

W杯でラグビーが世間の注目を

浴びて嬉しい限りです。

こんな機会なのでラグビーの話題も

積極的に書いていきたいです。

 

日本代表の南アフリカ撃破と

同レベルの奇跡が北海道の

高校ラグビーで起きたのです。

 

進学校函館ラ・サールがマイケル・リーチの

母校である札幌山の手高校を破って花園出場を

決めました。

ありえません。

dd.hokkaido-np.co.jp

 

札幌山の手は北海道では向かう所敵なしの

15連覇中です。

マイケル・リーチ同様、今回も2人の留学生が

います。

函館ラ・サールは北海道の私立ではナンバー・ワンの

名門進学校です。

 

ちなみに函館地区、以前は函大有斗高校が

圧倒的な強さで、札幌山の手が覇権を握る

前は南北海道と言えば有斗という感じでした。

(ここから、後の明治大学首相の小村選手などが

 排出されています)

少し目を話している内に、函館といえば

有斗よりラ・サールとなっていて、

今回、まさかの花園出場。

 

ラ・サール高校は

作戦会議2時間くらいやったりしている

とか昔聞いたことがあって、

弱い(当時)割には侮れないというような

評価がされていました。

 

自分の経験上からも言えるのですが、

ラグビーではかなり戦略(練習も含め)が

重要なってくるスポーツだと思います。

自分も弱小校ながらもラック中心のスタイルに

変えたりしながら、チーム力がUPしたことを

実感しました。

 

ラグビーは頭を使うスポーツなんだよっていう

ことを証明してくれた素晴らしい快挙だと

思います。

 

 

 

 

 

実戦 ラグビーの科学

実戦 ラグビーの科学

 

 ちなみに、これが自分が高校時代に読んで

あらゆる面で参考になったラグビーマニュアルです。