世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

iphone6sを待つわけには行かなかったのです

 

先週水没したiPhone5sから

simを救出してiphone4sに入れて

使用しています。

中古として売らなくて良かった・・。

 

でも、iphone4sあまり使いやすく

ないですね。

画面が見にくいというか。

 

自然と会社から支給されているGALAXYs5を

使用する機会が多くなります。

でも、いつまでの会社に依存するわけにもいかず。

 

YAMADA電気へ。仕事をコントロールして偵察へ。

auコーナーで即捕まりますが、思い切って実情を

話して、聞いてみます。

”iphone6は幾らで買えますか?”

 

14,500円で買えるというじゃないですか。

しかも月々の支払が4000円になるというじゃ

ないですか。

 

MNP手続きやら、5sの残債や違約金なんかで

2万円くらいはかかるけど、5ヶ月で基が

とれてしまうという。

もう、値引きとかあまりやっていないと

思っていましたので感激です。

 

このYAMADA事件があるまでは

iphone6sを待つ気満々でした。

6sに買い換えると、月々の支払は

変わらず、8千円程度。

毎月4千円多く24ヶ月払い続けると

96000円。

iphone6に今すると、

機種代金14000円。

違約金9000円。

MNP代5000円。

大体3万円です。

 

7万円近くの差を埋めて

くれる機能が果たして6sにあるので

しょうか。

4→4s

5→5s

確かにsシリーズの方が進化は

してきますが、7万円までの差は

ないはず。

 

このブログは思考を整理するために

書いていました。

整理できました。

 

今日も仕事をコントロールして

YAMADA電気へ行ってきます。