サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

死んだ彼氏の代わりに甲子園に行く夏 お国のために特攻する夏

 

中学生の時に付き合っていた

亡くなった彼氏に代わって

マネージャーとして甲子園に行きました

という話。

 

2年前の記事だけれど、Twitterで流れてきて

感動したので、妻にシェアしたところ。

”さむっ”

 

目が覚めました。

この、自己犠牲の精神。

日本人が否が応でも反応して感動して

しまう自己犠牲の精神。

 

上司や皆のために頑張って働いて自決。

お国のために特攻。

自己を犠牲にして、それをエネルギーに

して加速して、120%の力が出せるの

だろうけど、

これ、ドーピングとして禁止した

方が良いと思います。

 

甲子園に行った女子高生は

高校の3年間に夢を追いかけたり

探すことはできなかったし。

 

サラリーマンには健やかな休日が

訪れなかったし。

 

日本に神風は吹かなかったし。

 

今後、自己犠牲ありがたやは

禁止の方向で。。

 

お盆休みですが、里帰りの後輩の

代わりに出勤する私からのお願いです。

 f:id:kowalski22:20150813101120j:image