世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

人生を変える読書。人生がときめく片付けの魔法と人格改造マニュアルを読んで

 

墓掃除も終わりまして、後は仕事から帰宅する奥さんを伴って愛犬の注射です。

 

さて、お盆休みといえば読書という人も多いでしょう。

意識高い系就職氷河期世代の自分達はどうせなら役立つ本をということで、実用書なんかを読んでしまいます。

もっと人生楽しみたいです。

 

今まで腐るほど沢山の自己啓発書なんかを読んできましたが、本当に役にたつのって

数冊です。

 

今日はその中から2冊を。

 

人生がときめく片付けの魔法

この本はかなり有名なんですが、こういう本こそ盲点で、意識高い系の僕らはスルーしがちです。

数年前、多分何かのドキュメンタリーを見たきっかけで読んだような気がします。

 

読んだ後、部屋、綺麗になりました。

今までゴミ屋敷のようだった自分の部屋が、すっきりとしたモダンな部屋になりました。

 

一番響いたフレーズが

”部屋を片付けて、今までの人生にもカタをつける”みたいなやつなんですが、これを読んだ日曜日の夕暮れ、当時独身だった自分は・・・ただ黙々と部屋を、少し涙目で掃除し続けました。

 

その他にも、身の回りを好きなものだけにして気分よく過ごすみたいなのもあったりして、この本はかなり実用的です。

今までの人生にカタがついたかはわかりませんが、部屋が綺麗になって、幸福度は上がった感じがします。

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

お盆休みは、パート2を読んでみます。

 

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

 

さて、もう1冊。

人格改造マニュアル

かなりアウトローな本で、違法な薬なんかも紹介されているので誤解を受けやすい本だと思います。

クスリ、洗脳、サイコセラピー、電気ショックなど、精神科医は教えたがらないが、本当は誰でも簡単に別人になれる。3年間の徹底調査を経て書き下ろす、自殺をせずに生きるための大脳コントロール法。

人生苦しくて死にそうだったら、いろんな方法で無理やり人格変えて楽になろうよっていう本です。

実際自分は、この本に掲載されていることを試してみたりはしませんでしたが、

”こういう方法や考え方もある”

”人格なんてそんなもんだ”

そんな考え方にどれだけ助けられたかわかりません。

 

毎日がしんどくて悩んでいる人へ抽象的な立派なご高説を与えてくれる人たちは腐るほどいますが、自分らが欲しいのは具体的な方法で、具体的な最終逃走経路です。

 

人格改造マニュアル

人格改造マニュアル

 

 

そろそろお酒飲みたいです。