世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

札幌大通りビアガーデンて席の予約ができるんですよ

朝からチューハイ飲んでますが、4時位には札幌大通りビアガーデンに繰りだそうと思います。

 

札幌ビアガーデンとは、札幌夏祭りの一部なんです。

これはかなり多くの皆さんが知っていることですね。

www.welcome.city.sapporo.jp

でも、福祉協賛ていうのは知りませんでした。それと、コンセプト的には色々なメーカーのビールを飲み比べできるっていう感じなんですね。

 

昔は座席が空いていなかったら芝生で座って呑むなんてこともできたのですが

今はビアガーデン期間、芝生に入ることはできないんですよね。

 

でも、せっかく札幌にきたのにビアガーデンいけないとかそんな道外の方がいたら、これから観光を押していこうとしている札幌としては残念ですよね。

というわけでしらないうちにできていた、札幌のホテルへ宿泊している人を対象とした

予約制度。おもてなシート。

 

これはむちゃくちゃ便利ですね。

お金に余裕があったら、札幌市民でも宿泊して

座席確保するレベルですね。

 

でも、ようく公式サイトを見るとそこまでお金かけなくても、

実は予約できるということがわかるのです。

 

5丁目のサントリー→マスターズドリーム1杯+限定おつまみ付き¥1,500

7丁目のキリン→中ジョッキ1杯+オードブル付き¥2,500円(4名様以上)

人気のアサヒとサッポロにはないのですが、サントリーとキリンは予約できるようです。

サントリーは人数制限もないしオススメですね。

 

で、皆さんはどれくらいビアガーデンにお金使っているのでしょう。

驚きなんですが、昨年は90万杯の中ジョッキが消費されたと、で、来場者数は120万人。

1人一杯も飲んでいない計算になるわけです。

雰囲気だけを楽しみ来ている人がいかに多いかということがわかりますね。

 

なにはともあれ、ただビールが飲めるスペースを用意して120万人もくるって凄いですね。

 

 夏の風物詩といえば、甲子園も。

甲子園始まる前にこのマンガを読むと

かなり楽しめると思います。